『仮面ライダーアマゾンズ』シーズン2が、4月7日よりAmazonプライム・ビデオにて配信開始!

拡大画像を見る

 Amazonプライム・ビデオの日本オリジナル第1弾作品であり、高い評価を得ている『仮面ライダーアマゾンズ』。そのシーズン2が、2017年4月7日(金)よりAmazonプライム・ビデオにて独占配信される。


 4月6日(木)には、その製作発表記者会見が行われ、出演者の前嶋曜、白本彩奈、藤田富、谷口賢志、武田玲奈、東亜優と、製作プロデューサーの白倉伸一郎が登壇した。



(左から東愛優、谷口賢志、前嶋曜、白本彩奈、藤田富、武田玲奈)


 「仮面ライダーアマゾン」といえば、仮面ライダーシリーズ第4作目にして、そのビジュアルとワイルドなアクションで他の仮面ライダーとは一線を画すシリーズ最大の異色作。


 物流革命を起こし、成長を続けている米国発のグローバル企業Amazonが、オリジナルコンテンツ企画として、「アマゾン」つながりの “仮面ライダーアマゾン”を選んだという、そのスマートな外資系企業のイメージとは真反対のベタさ加減ゆえの衝撃は記憶に新しい。


 シーズン1では、“養殖”と“野生”の二人の対照的な仮面ライダーアマゾンを中心に、様々な登場人物の思惑が交差し、謎が謎を呼ぶ展開が注目を集めた。


 今回のシーズン2の注目の内容は、仮面ライダーで初挑戦となるジュブナイル恋愛ストーリーとのこと。


 記者会見では、出演者やプロデューサーそれぞれが作品への想いや意気込みなどを語った。


 「この役が決まる前から、アマゾンズを一視聴者として見ていたので、役が決まった時はただただ信じられなかった。仮面ライダーになることが一つの夢だったのですごく嬉しかった。」(千翼 / 仮面ライダーアマゾンネオ:前嶋曜)


 「大事に大事にイユを演じてきて、イユは私のものっていう勝手な独占欲があって、それくらいイユが大好きで、それが今、自分の元から旅立ってしまうような、そんな寂しい思いもあるけれど、旅立ってもらうからには羽ばたいてもらいたい。遠く遠くまで皆さんに届いてほしい。」(イユ / カラスアマゾン:白本彩奈)


 「シーズン1から作品を愛してくださった皆さんと、最高のスタッフ、最高のキャストで、全身全霊をかけて作り上げた作品が、シーズン2だと思う。」(水澤悠 / 仮面ライダーアマゾンオメガ:藤田富)


 「シーズン1を応援してくれて、シーズン2を待っていた皆さんに、とんでもねえ作品をお見せできると思っている。自信はある。楽しみにしてほしい。」(鷹山仁 / 仮面ライダーアマゾンアルファ:谷口賢志)


 「世界観が同一なので、シーズン1と映像のテイストは変わらないが、内容面に関しては、スケールアップ、グレードアップした話でお送りする」(白倉プロデューサー)


 【続編】ではなく、【新章】と呼ぶに相応しい、シーズン1よりさらにハードで胸を打たれるアマゾンズの新しい世界は注目必至だ。


 


<『仮面ライダーアマゾンズ』シーズン2 作品概要>


 アマゾンに育てられた少年・千翼と、アマゾンとして蘇った少女・イユ。異色な二人の<少年と少女>による甘くも切ない恋愛物語。


 激動のシーズン1から5年後の世界。千翼とイユの出会いが運命の歯車を狂わせ、混乱はさらに渦巻く。新旧キャストを交えながら、前作をはるかに凌ぐスケールで物語は終末へと……。

関連リンク

  • 4/6 20:12
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • トリトン

    4/7 23:20

    最終回はスーツ姿でアマゾンに帰っていったようですね。歌は好きでしたね。

  • 十面鬼っていましたね。懐かしい♪(*^^*)

  • ♪来るなら~♪来てみろ~♪悪の~使者~♪ シーズン1を地上波で全部観てましたけど、マサヒコもジャングラーも十面鬼も全然出てきませんでした。ですけど、腕輪が大事で大切、とか、モグラ獣人だけはいい奴、とか、お約束はちゃんと守られてました(笑) どうしてシーズン2は地上波でやらないんでしょうかね~。できないのかな~。バイオレンスシーンがかなり残酷でしたから。

記事の無断転載を禁じます