「猫の殺処分をゼロに!」東京 お茶の水の”猫共和国”に360度動画で体験入国!

『東京都文京区湯島、パワースポットとして有名な神田明神の近くに、とある「共和国」があるのを知ってるかにゃ?
 その「共和国」の名前は“ネコリパブリック”というんだにゃ~。』
階段を上がっていく途中にはかわいいイラストも

 “ネコリパブリック”とは、『2022年2月22日までに、日本の行政による猫の殺処分をゼロに!』という目標を掲げ、地域のボランティアの方と協力し、保護された猫の里親探しを行いながら、ビジネスとしても自走することを目指している新しいスタイルの「自走型保護猫カフェ」だ。
 東京での第1号店であるお茶の水店は、岐阜店・大阪店に続く国内3店舗目。2016年4月12日には愛知江南市店が新たにオープンしており、さらに、国内5店舗目となる東京第2号店が6月末に中野にオープン予定となっている。(中野店オープンに向けて、6月17・18日には、壁紙張りやペンキ塗りのDIYボランティアを募集しているとのこと。→詳細・応募はこちらから
 この店では人間は、「猫共和国」の「国民」として、猫と一緒にくつろぎながら、猫たちを幸せにする活動に参加できる。

 入店方法もユニークで、「入国」の為に「パスポート」が発行される。発行された「パスポート」を持っていくと、「入国」の度に、スタンプが押され、利用回数に応じて、爵位があがっていくシステムとなっている。爵位があがると数々の特典が受けられるシステムだ。

 お茶の水店内もとい「共和国」内は、昭和を感じさせるレトロな内装を活かしたおしゃれな空間となっており、常時25匹前後の猫が多くの人の「入国」を待っている。

360度動画で「ボクたち」と「国内」を見てみてにゃ~



遊んでもらって嬉しいにゃ



 お茶の水店はアクセスもよく、サラリーマンや主婦などの他、外国からの旅行者など様々な人が訪れる都内のオススメの癒しスポットとなっている!

 是非訪れて、「猫共和国の国民」になってみてはいかがだろうか !

 なお、衛生面、猫の健康管理の為に靴下の着用が義務付けられているので、靴下をお忘れなく!
靴下を履かないと入国拒否だにゃ~!


[アクセス・連絡]
NECO REPUBLIC 東京お茶の水店 (JR/丸ノ内線「御茶ノ水駅」徒歩5分)
〒113-0034 東京都文京区湯島3-1-9 CRANEビル4階
電話番号 03-5826-8920
平日:15:00~20:00
休日(祝日):11:00~18:00
定休日:木曜(木曜が祝日の場合は営業)



[料金システム]
平日:1,100円(30分) / 1,500円(60分) / 2,400円(120分)
土日祝日:1,300円(30分) / 1,700円(60分)
※30分延長ごとに+500円
※混雑状況により、60分以上のコースは断られる場合あり
※上記の料金はすべて税抜表示

ネコリパブリックHPはこちら
http://www.neco-republic.jp/

画像をもっと見る

  • 6/13 11:24
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

7
  • 桜月

    6/14 8:31

    猫と戯れる一時…。いいなぁ(*´▽`*) 

  • あきひろ

    6/13 17:14

    ドリンク一杯でどこかのネコちゃんが救われるにゃ。

  • ◆-紅-◇

    6/13 14:21

記事の無断転載を禁じます