『有吉反省会』イルカの息子が母にベッタリ!二世歌手に有吉「完全マザコン」

拡大画像を見る

 20日に放送された日本テレビ系『有吉反省会』に、フォークシンガー・イルカの息子である神部冬馬が「“イルカ離れ”出来ない」ことを告白し、反響を呼んでいる。

 神部は音楽プロデューサー・神部和夫とフォークシンガーのイルカを両親に持つ“音楽界のサラブレット”。自身もシンガーソングライターとして活動している。

こまどり姉妹のトークにスタジオが爆笑

 2008年に歌手としてデビュー、イルカからの独り立ちを決意してから7年が経過した神部冬馬。結婚もしており、夫婦と子どもで母・イルカと一緒に実家暮らし。母のイベントや仕事に便乗したり、さらに“『なごり雪』スターウォーズ化計画”と題して、イルカの名曲『なごり雪』をエピソード3とし、そのエピソード1・2を描いた曲を現在作曲中であると明かした。

 そんな神部冬馬に有吉は「完全マザコン」とコメント。さらに、控え目な容姿で実はバツイチであることを告白すると博多大吉から「この見た目でバツイチはちょっとヤバい」と言われる。そんな神部に禊として有吉は「神部冬馬から“クジラ”に改名」と言い渡した。“母より大きくなってほしいという願いを込めて”という意図で付けられた“クジラ”という名前に、安直すぎると言っていた神部冬馬も納得したようだ。

 これに対してネット上では、「『クジラ』凄く良いとおもいます!」「くじらくん!笑」「イルカより大きくなってほしい」などの声が寄せられている。

関連リンク

  • 12/21 17:48
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます