『有吉反省会』こまどり姉妹のトークにスタジオが爆笑!禊で三戸なつめに変身

拡大画像を見る

 12日に放送した日本テレビ系『有吉反省会』に、双子の歌手・こまどり姉妹が出演。「共演者や芸能人の名前を覚えられない」と告白し、反響を呼んでいる。

 昭和34年に、姉・栄子と妹・敏子の双子デュオで歌手デビューした2人。当時一世を風靡し紅白歌合戦に7回連続出場、今年にはデビュー56周年・御年77歳を迎える大御所歌手だ。

あの人のオネエキャラは大嘘!?

 以前、同番組に出演した際の打ち合わせで“SMAP”のことを“スナップ”と言っていた2人。今回の打ち合わせでは「マツコ・デラックス」を「マチコさん?デラックス?」、「EXILE」を「エクエイル?エクアイル?」と惜しい回答。また、最近好きなギャグを聞いたところ、お笑いコンビ・8.6秒バズーカーの“ラッスンゴレライ”がお気に入りのようで、「ラッスンコレライ」とギャグを少し間違えて口ずさむ様子を見せた。どうして覚えられないのか尋ねたスタッフに対し、2人は「名前を覚えようと思っていない」「ついていけない…覚えた頃には死んでるんじゃないですか(笑)」と発言し笑いを誘った。

 さらにスタジオで有吉から「お気に入りの番組はありますか?」と問われると、「健康の食べ物の番組」と回答するなどこちらもざっくりとしたニュアンス。そして番組終盤では、こまどり姉妹に流行を知ってもらうため、短い前髪が特徴で人気の「三戸なつめに変身」という禊が言い渡された。すると2人は即答で快諾、観客は笑いに包まれた。

 これに対してネット上では、「こまどり姉妹おもしろw」「こまどり姉妹やばい笑い死ぬ(笑)」「全身なつめちゃん(笑)」などの声が寄せられている。

関連リンク

  • 12/14 11:30
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます