NGT北原里英、まさかの始球式失敗で失意の項垂れ!「ポストに当てるとか逆にスゴイな(笑)」

拡大画像を見る

 NGT48北原里英が14日に行われた大崎電気vs湧永製薬のハンドボールの試合の始球式で失敗し、項垂れている写真を公開して話題になっている。

 北原は自身のTwitterで14日、「今日は大崎vs湧永の試合を観戦したのですが、生で観るプロの選手たちの試合は迫力がはんぱなかった…ルールを知らないマネージャーさんたちも超白熱してました そしてまたこの試合がすごくいい試合で、後半ラスト9秒で大崎が同点に追いつき試合終了…最後の1秒まで諦めてはいけないスポーツなんだと改めて実感! 大興奮でした!そして始球式はまさかのゴールポストに直撃ね。そんなことあるんかい。。」というコメントとともに、ジャージ姿のまま床に手をつく自身の写真を公開した。

北原、高橋ラストシングル選抜祝い

 これに対してネット上では、「北原さん流石です」「ポストに当てるとか逆にスゴイな(笑)」「惜しかった!!」などのコメントが寄せられている。

 なお、北原は全日本ハンドボールリーグのアンバサダーに就任している。

※写真はTwitterから

関連リンク

  • 11/16 15:20
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます