『世界の果てまでイッテQ!』でイモトがUFOと遭遇!南米アルゼンチンでUFOを呼ぶ謎儀式に参加

拡大画像を見る

 30日に放送された日本テレビ系の『世界の果てまでイッテQ!』内のコーナー『イモトワールドツアー』で、UFOが撮影され反響を呼んでいる。なおイモトはかねてから念願のUFOネタということもあり、大興奮していた。

アメトークでセカオザが名言連発

 今回イモトが訪れたのは、南米アルゼンチンの『カピージャデルモンテ』。
 1986年1月9日、直径100メートルの大穴が一夜にして出来たという、『パハリージョ事件』が起きてから世界中のUFOマニアのメッカとなった場所だ。
 事件が起きてから、観光客のみならず移住者も続出したというからハンパではない。
 
 今回イモトは、UFOを観察し続けているという“スカイウォッチャー”なるアリエルさんとともに、UFOが見えるというポイントへ。
 アリエルさんの仲間達とともに、UFOを呼ぶ儀式に参加した。まず「大地の神パチャママに挨拶する」というアリエルさんに、怪訝な顔をしながらもイモトは従う。

 「グラシアス、グラシアス」と呟き続けたり、その他奇怪な儀式を続けていると……ついにUFOが出現!

 UFOは数種類出現し、怪しい物体が次々とカメラに映った。飛行機でも流れ星でもない動きを見せるそれらの物体に、イモトのテンションは急上昇。

 しかし、「すげえな、バンバン出てきてんな!」とVTR内ではしゃいでいたイモトとは対照的に、スタジオのタレント達は意外に冷淡。
 内村には「ラジコンの可能性はないの?」と言われ、ベッキーは終始興味のない様子。イモトが「おいベッキー! 信じてねえだろ! そういうとこだよ!」と、食ってかかったシーンもあった。

 最後に意見も求められた専門家の山口敏太郎氏は、「軍用ヘリじゃないかな? 航路とか公開されてないし」「電飾ダコにも見える」と言いつつも、「電飾ダコはこんなジグザグには動かない」「心が汚れている人にはUMAもUFOも見えない」とキレイに締めくくった。

 これに対してネット上では、「イッテQのUFO激アツ」「もう、イッテQ面白すぎてヤバかったwwwww UFOみたイモトの反応ww」「イッテQ面白かった 一番好きな番組。UFO 見てみたいなー」などの声が上がっている。



関連リンク

  • 8/30 22:38
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

7
  • ナッピー

    9/1 13:43

    心のすさんだ人間からの見解は、前半は人工衛星か国際ステーション、後半は電飾凧だと思う。2個以上あれば、ジグザグにも見える可能性あり。

  • 最後の心電図みたいな動きの物体は気になる。

  • まぁ日本国民の9割は心が汚れてるからね。仕方ないね。

記事の無断転載を禁じます