交流戦で流れを変えたい!球団創設80周年の阪神が巻き返すには?

拡大画像を見る

 創立80周年となる節目の年で、優勝が至上命題のはずの阪神タイガースがどうも波に乗り切れない。

 5月24日現在、21勝25敗で首位のDeNAとは7ゲーム差の5位。残り97試合。もちろん諦める時期ではないが、そうこうしているうちに気付けば秋風が……ということはよくある話。早めに巻き返しておくに越したことはない。

チームデータを見てみると、この順位も納得の数字が並ぶ。

打率.226、本塁打20、得点137、盗塁18

 この主要な攻撃部門の数字が、すべてリーグ最下位なのである。中でも、今季のテーマの1つに「機動力の向上」を掲げていたはずなのに18盗塁(他の5チームはすべて26盗塁以上)というのは、まさに「笛吹けど踊らず」な状態だ。盗塁失敗が他と比較して特に多いわけでもなく、アウトだとしても、走塁が印象に残ったことも少なく、チーム全体に方向性が浸透していない、といってもいい。

 そして投手部門でも、防御率3.87はリーグ最下位。トップは巨人の2.57、5番目のDeNAでも3.18だから、かなり差が付いている。

 投打ともにこんな状況で、むしろ5位にいるのが不思議なほどだ。

 ここから、浮上のきっかけを掴むために、テコ入れする部分はいくつもあるだろうが、やはりチームリーダーの奮起、活躍によって、チームの雰囲気がガラリと変わるのが一番の力になるはずだ。そこで、なにより待たれるのが鳥谷敬の復調だろう。

 昨オフに交わした4年20億という大型契約に気が緩んだわけではないだろうが、ここまで打率.246で、得点圏打率も.226。打点も13と、なかなかチームに貢献できていない。出塁率こそ.335とまずまずに見えるが、3割台後半から4割が通常営業の鳥谷からすると、やはりもの足りない。

 5月20日の試合では勝ち越しタイムリー、21日は中押しの2ランと、いい場面でヒットが出てきているように、復調ムードは感じられる。3番・鳥谷が機能し始めれば、打線のつながりも出て、夏を待たずして上位をうかがう態勢にもっていけるのではないだろうか。

 FA残留で歓喜の涙を流した虎党を悲しませることのないよう、キャプテンの奮起を期待したい。


 『週刊野球太郎』(http://yakyutaro.jp)では、『プロ野球格差対決2015』と題し、体格差、年棒差、出身地、境遇といった、さまざまな格差対決を特集! 雄平vs.新井貴浩、三浦大輔vs.松中信彦、西川遥輝vs.石川雄洋……これらは一体、どんな格差対決でしょうか!?

 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』(http://players.yakyutaro.jp)では、センバツ優勝の敦賀気比、準優勝の東海大四へ独占野球部訪問しました。

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。
※『週刊野球太郎』と『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』は、auスマートパス、Softbank、ドコモSPモードに対応しています。

関連リンク

  • 5/26 19:59
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 極悪アンチ巨人教徒の津痛クソ流に書くならば、ぶっちぎりの最下位で創設80周年を飾る方が阪神らしいよ?…って感じだな?そもそも、何年かに1度のペースでしか優勝出来ないのだから、創設○年だから優勝しろ…ってのが無理な要求だよな?

記事の無断転載を禁じます