~新生児からはじめる絵本のススメ~ 使ったよかった子育てグッズを漫画で紹介!!

拡大画像を見る

新生児のときは、目があまり見えないから絵本は読めない・・・?いえいえ、そんなことはありません。

2歳の息子の育児で今まで実際に使った育児用品、おもちゃ、絵本等々を紹介していきます。今回は新生児にオススメの絵本をご紹介!



はじめまして!こめこと申します。


「うちのこざんまい」というブログで息子の漫画育児記録をつけております。

夫と息子との三人暮らし、息子のコウ君は先日二歳になったばかり。


ちなみに「うちのこ」なので名字は内野です。

うちのこう、うちのこ…うちのこ…(ただのダジャレ)


Conobieではこれから、息子誕生~現在に至るまで、

実際に使ってきた育児用品やおもちゃ、絵本、手作りのものなどについて、

良かったものも失敗も含め、月齢如何に関わらず思い出した順でお話していこうかと思っています。


読む方の参考になればな~と思っています。

どうぞよろしくお願いします!!


見える?見えない?




第一回は絵本のこと。

生まれる前から何冊も絵本を用意していた(気が早い)私ですが

実家での里帰り出産の際に二冊だけ持って行った絵本があります。

それがこちら↓



赤と白と黒を基調に描かれた「あかあかくろくろ」、

縞々とぐるぐるの線をメインとした「しましまぐるぐる」。


生まれてすぐの赤ちゃんでも赤や黒、縞々といったものは注目して見ると聞いたのでこれだけは持って行きました。



見てました。
焦点の合ってない目を必死に凝らしている様子、

絵本をゆっくり動かせば目線もそちらへ…

こりゃ見てるわ!!!


とまあこんな感じでそこからブックスタート。

生後三週目ぐらいのことだったと思います。


動かないしあまり反応もない、何をして遊んであげればいいか分からない中、

絵本というのはかなり良いアイテムになりました。


どちらかというと「しましまぐるぐる」のほうが反応が良いのでよく読みました。


この後気づいたのですが、ボーダー柄の服着てる人がいるとそちらを注目して見るんですよね。


至近距離の人の顔しか見えないくらい視力が弱いと聞きますが、

1メートルぐらい離れたところのボーダー柄にもきちんと反応して目で追っている。


意外と見えてる!?それとも、ぼや~んとした視界の中でボーダーだけが浮き上がって見えるんでしょうか?

人には(主にばーちゃんに)「まだ絵本の内容も分からないわよ~」と言われましたが


絵本の内容が理解出来る出来ないは問題じゃないんだ!

重要なのは絵本を使ったコミュニケーションと、本への親しみを養うことなんだ…!


と思いつつ、実家から自宅へ戻っても触れ合い遊びの一つとして読み聞かせを続けました。


と、その結果…



現在。
家でも一日十数冊~数十冊読まされますし、

週に二、三回図書館に行くんですが、行くと1~2時間ぶっ通しで読まされ続けます。


こないだ家族三人で美術館に行ったら、挿絵の描かれた古~い書物を見て

「えほん!ぼくもよむ!みたい!」

と言ってました…それはお母ちゃんも読めない…(汗)


早く自分一人で読めるようになってくれたら楽なのにな~と思いつつ

でもそうなったらきっと、読み聞かせしていた頃を懐かしく思うんだろうな…と

今は読み聞かせの時間を楽しんでいきたいと思っております。


息子のハマった絵本や良かった絵本なども、また紹介していきたいと思ってます。

記事提供:Conobie

【この記事を書いた人】
内野こめこ
1984年生まれ、東京都内在住。
2013年4月生まれの息子と、夫との三人暮らしです。
息子の成長記録や日々の様子をブログに描いてます。

関連リンク

  • 5/24 11:00
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます