知らないと損!出産時の公的給付金、支援制度など

妊娠してから出産するまでは、どれくらいお金がかかるのか不安なプレママは多いですよね。
公的な助成を活用すれば、出産までにかかる費用抑えることができます。
知らないと損する各種給付金や制度、さらに育休などで働き続けたい女性を応援する制度も知っておくと、出産前後のお金の計画もたてやすいですよ。

出産にはお金がかかる?不安を解消する制度


妊婦検診に行くたびに数千円から1万円近い金額を請求され、分娩にかかる費用は経過が順調な場合でも40万円ほど。更に、産院を選んだり、個室入院を希望すれば100万円近くかかる夫婦もいます。出産にかかわる費用は高いのですが、心配ばかりではありません。少子化対策の一環で、お金の面で不安を解消することが子どもを産みやすくすると、給付金制度は年々手厚くなる傾向にあります。妊娠・出産から育児までサポートする制度で、一般的にかかる出産までの費用はほとんどカバーできる時代になってきています。

※画像提供:Conobie/Upload By りんりんママ


まずは基本のサポートを押さえよう


■妊婦検診などの助成金
自治体によって回数が違いますが、母子手帳が交付される時に受診券がもらえます。これでほとんどの検診と必要な検査費用がまかなえます。産院によっては検査内容にプラスアルファがあり、追加費用がかかるケースも。どこで産むかを決める際に、助成金以外にいくらかかるのかを比較しておくことも重要です。

■出産育児一時金
健康保険に入っていて、妊娠4か月以上の出産に対して42万円か39万円の給付金がもらえます。妊娠後期に入ると産院が情報提供してくれるケースが多く、保険事務局などへの処理を医療機関側で行ってくれる直接支払制度が便利です。付加給付がある場合は、窓口でほとんど支払いなく退院することもあります。

ワーキングマザーは手厚い給付金制度を活用しよう


■出産手当金
被扶養者や国民健康保険加入者でなく、復職を希望する人の産休中に出る給付金です。日額計算で結構な金額になりますが、給付までに2カ月近くかかることもあります。正社員でなくても1年以上保険料を納めていれば対象となります。

■育児休業給付金
1年以上雇用保険に入っているなど条件を満たす人が対象で、育休中にお給料の50%から67%(180日まで)がもらえる嬉しい制度です。最近はパパと交代で取ることも可能で、事情により最大で1歳6か月まで延長することができます。

どちらの制度も出産退職してしまうと対象外になります。以前より給付額もあがったワーキングマザーの支援は、今後も注目される分野です。

その他に使える育児サポート


■乳児医療費助成制度
出生届を出して健康保険に加入したらすぐに入れ、産後トラブルがあった場合も、この制度で医療費が無料になります。その後も3歳になるまで医療費が無料で、子育て世帯にはとてもありがたい制度です。

■児童手当/特別児童扶養手当
児童手当も早めに手続きをすれば、生まれてすぐに給付金の対象になります(所得制限有)。子どもに障害があった場合は、特別児童扶養手当が20歳まで支給され、経済的なサポートが受けられるようになっています。

■医療費控除
給付金などの助成を除いて医療費が10万円を超えた時は、確定申告をして医療費控除を受けるとお金が返ってきます。1年間の家族の医療費を合算できるので、その年の医療機関の請求書は取っておきましょう。

※画像提供:Conobie/Upload By りんりんママ



以前と比べても子育て支援は拡充していて、生まれる年によってもらえる給付金が増えることもあります。出産をきっかけに子育てを取り巻く制度に敏感になることも、損しない育児につながる大切なポイントですね。給付金や制度に関する知識を身につけて、子育ての不安を少しでも解消するのがおすすめです。

記事提供:Conobie

【この記事を書いた人】
りんりんママ

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/23 12:44
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます