セクシーな美脚と思いきや……愉快な投稿写真が世界中を席巻

 海辺を背景に脚を投げ出している写真。バカンスのワンシーンとしてよく見られるイメージだ。そこへ「2本のソーセージ」を持ってきたらどうなるか?

 カナダ人のアレクシス・ブロートさんが主宰するTumblr「Hot-Dog Legs」では、写真に写っているのが本物の脚なのかソーセージなのか、見分けるのが難しくておもしろい。

 アレクシスさんいわく「Hot-Dog Legs」の活動ルールはたったひとつ。写真投稿時にタグ「#hotdoglegs」をつけることだ。

「パンチラ」を堪能できる写真展

 ちなみに、この活動を始めたきっかけは「脚の写真はソーセージに似ていないか?」と思ったからだという。「世の中には一度見てしまうと記憶から消せないものがある。海辺で投げ出している脚がソーセージに見えてしまったら、永久にソーセージに見えるのさ」。

 「Hot-Dog Legs」の活動は瞬く間に世界中に広まった。人々の反応についてアレクシスさんは「こんなに大きな反響が得られるとは思っていなかった。セレブまでもが#hotdoglegsのタグをつけて写真を投稿しているのを見ると興奮する」とうれしそうに語る。

 今ではたくさんの人から投稿写真が寄せられる「Hot-Dog Legs」だが、アレクシスさんがとくに気に入っているのは、妻とともに撮影したオリジナルのホットドッグレッグの写真だそう。また、人々から投稿される写真のなかでは、エキゾチックな国で撮ったものが好みだとか。

 日本のファンへメッセージをお願いすると「日本の男性は欧米人より毛が少ないから、参加して楽しめるよね。僕は昔、おかしな日本食を取り上げるブログの記事をたくさん書いていた。それがトレンドとなっているのも光栄だ」と話してくれた。

●アレクシス・ブロート
1979年、カナダ・モントリオール生まれ、在住。大学でジャーナリズムを専攻。2004年からストリートカルチャーや音楽などの若者文化に関するブログを書き始める。現在は食べ物関連のブログを執筆、書籍としても出版している。好きなことはウェブのカルチャーを追うこと。自身を「ちょっとコンピューター・オタクかも」と語る。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 1/30 11:05
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5

記事の無断転載を禁じます