ファンではなく、選手。描くことでチームの力になる『プロ野球画報 東京ヤクルトスワローズ全試合』が熱い!

拡大画像を見る

 いよいよプロ野球のキャンプインが近づいてきた。ファンとしては去年の順位からひとつでも上に、そして、優勝するために充実したキャンプを送ってほしいと願う時期だ。特に、2年連続最下位のヤクルトファンは期するところがあるだろう。なんなら俺に采配させろ、ベンチに入れろ! と。

 そんなファンにありがちな妄想を実際の行動に起こした人物がいる。美術家・ながさわたかひろ氏だ。このオフに上梓した『プロ野球画報』(ぴあ)が話題を呼んでいる。異色の野球画家・ながさわたかひろ氏について、野球界の話題に詳しい『週刊野球太郎』(http://yakyutaro.jp)編集部に話を聞いた。

     *   *   *

 ながさわたかひろ氏が描いた『プロ野球画報 東京ヤクルトスワローズ全試合』は、そのタイトル通り、2014年のヤクルトの全対戦試合をイラストで振り返るという異色の野球本だ。

 1ページに1試合ずつ、気になったヤクルトの選手と対戦相手、そして、時にはその日あった社会の出来事なども交えながらイラストで振り返っていく。

 全ての試合をイラスト化する……こんな暴挙を、ながさわ氏は2010年から5年も続けている。たまたま2014年シーズンに関してはこのように書籍化に至ったが、それ以前は完全に手弁当だった。

 その原動力はどこから来ているのか? といえば、「自分自身がヤクルトの『選手』の1人」と思っているからだ。事実、ながさわ氏は、過去に何度もヤクルト球団事務所の門を叩き、「入団させてください」と直談判している。選手のイラストを描くことがチームの力になると思っているからだ。そのストイックな姿勢は、ある意味でファンの鏡といえるのかもしれない。

 躍動感あふれるイラストが満載なので、野球イラスト集としても見どころ満載。そして、来るべく新シーズンに備え、昨シーズンをおさらいする上でも最適な一冊なのではないだろうか。

 自称“プロ野球選手”であると思っているながさわ氏は、もちろんキャンプにも行っている。浦添のヤクルトキャンプに訪れる方は、タイミングが合えば、開幕に向けて調整中のながさわ氏に会えるかもしれない。


 スマホマガジン『週刊野球太郎』(http://yakyutaro.jp)では、「2015年プロ野球・日本一早い!? 12球団順位予想」を連載中!

 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑 for auスマートパス』(http://players.yakyutaro.jp)では1月23日に決定したセンバツ出場校や注目選手を詳しく解説! この選手名鑑は『週刊野球太郎 for ドコモSPモード』内にも新メニューとして追加!

 さらに書籍『野球太郎No.013~2014ドラフト総決算&2015大展望号』では、ドラフト指名選手81名、育成ドラフト指名選手23名のデータに加え、2015年度のドラフト候補選手88名も掲載しています。

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。
※『週刊野球太郎』はauスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードに対応、『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』はauスマートパス、ドコモSPモードに対応しています。

関連リンク

  • 1/30 10:09
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ガナちゃん

    1/30 12:47

    アウト・デラックスで出てた人やん!(笑)やけど……野球の実力でなくて、球団事務所に駆けつけて、入団を直訴する姿は……ある意味『凄い』。それに球団幹部が、実際に部屋に入れての交渉があったって話もしていたから、ヤクルト球団も『凄い』。はたして、ながさわさんはヤクルト球団に契約してユニフォームを貰ったのか?またアウト・デラックスに出て話して欲しいと思うのは……私だけ?(笑)

記事の無断転載を禁じます