折りたたむとレタスそのもの! ユニークな「レタス傘」開発秘話をメーカーに直撃

拡大画像を見る

 レタスそっくりの折りたたみ傘「ベジタブレラ」がネット上で「かわいすぎる」と注目を集めている。リアルなレタスに見せるシワ加工は、傘を開くとエレガントな印象だ。

 販売元のTokyo nobleに製作秘話について聞いてみた。

「メロンパンのベレー帽」が可愛い

 「通常はピンと張った傘が美しいと思っておりましたので、レタスのシワを作ることにかなり苦労しました」とは担当者。レタスそっくりの見た目を実現するため、本物のグリーンリーフをそばに置きながら、形状の追及を約2年間に渡って行ったという。

 また「メイドインジャパンの傘屋」だからこそ、傘本来の機能性も重視。UVカット加工を施しているため、雨の日だけではなく「日傘」として使えるところも大きな特徴だ。

 この点についても、担当者は「本物のレタスはたくさんの太陽を浴びて、雨からの水分をもらって成長します。『ベジタブレラ』も日傘としても雨傘としても使える傘にしたいと思ったのです」とこだわりを教えてくれた。

 細部まで丁寧に仕上げられた、レタスそっくりの折りたたみ傘「ベジタブレラ」は4,860円(税込)で発売中だ。

関連リンク

  • 1/5 15:28
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

17

記事の無断転載を禁じます