人気折り紙アーティストの作品が「クオリティ高すぎ」と絶賛される

 アメリカの折り紙アーティスト、ロバート・J ・ラングさんの折り紙作品が素晴らしいと話題を呼んでいる。

 ラングさんは物理学の博士号を持ち、数々の特許を取得してきたエンジニアだ。折り紙と出会ったのは小学生のとき。ラング少年は担任の先生から折り紙を教えてもらい、夢中になった。以来35年以上にわたり、オリジナルの折り方を500以上も考案してきた。

ヤクルトの固形バージョンが評判に

 「日本伝統の遊びだった折り紙は、今や芸術分野として国境を越えて普及しています。折り紙愛好家は世界中にいますし、普段どんな言葉を話していても、折り紙の世界での共通語は折り方の図案。私はこの世界的なアートのコミュニケーションをもっと広めていくために、新しい折り方を提案し続けたいです」と語る。

 1992年には日本折紙協会が主催するレクチャーに、西洋人として初めてゲスト出演した。それ以来、世界中の折り紙大会にゲストとして招かれている。

 さらに、ラングさんは折り紙をアートとして発表するだけでなく、エアバッグの開発に応用するなど科学技術的な側面からも研究し、その成果をもとに企業へアドバイスすることもあるという。

 これまで折り紙の本も多数出版しているラングさん。彼の折り紙本を読んだファンからは、「すべて英語による説明ですが、2~3時間かけて折り込む達成感は感無量です」「『折り紙は子供の遊び』という概念を見事に覆してくれました」といった絶賛の声が寄せられている。

●プロフィール
1961年アメリカ、オハイオ州デイトン生まれ。カリフォルニア在住。カリフォルニア工科大学にて応用物理学の博士号を取得。NASAのジェット推進研究所に勤務。半導体レーザーなどで80冊以上の著書の共著、50以上の特許を申請。2001年にエンジニアを辞め、折り紙アーティスト、コンサルタントに転身。2011年にはイギリス折紙学会の名誉会員に選ばれた。

■各作品のタイトル
【1枚目】白い馬 
http://www.langorigami.com/art/gallery/gallery.php?tag=mammals&name=alamo_stallion
【2枚目】ヘラジカ
http://www.langorigami.com/art/gallery/gallery.php?tag=mammals&name=bull_moose
【3枚目】ポット
http://www.langorigami.com/art/gallery/gallery.php?tag=objects&name=fatpot16
【4枚目】2匹の鶴
http://www.langorigami.com/art/gallery/gallery.php?tag=kevin-box&name=flight_of_folds_small_metal_sculpture
【5枚目】花をついばむハチドリ
http://www.langorigami.com/art/gallery/gallery.php?tag=birds&name=hummingbird_trumpet
【6枚目】カブトムシ・サムライヘルメット
http://www.langorigami.com/art/gallery/gallery.php?tag=arthropods&name=shb

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/12 18:26
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます