俳優や歌手活動も……! イケメン舞踏家・花園直道のマルチな才能が話題に

拡大画像を見る

 日本舞踊とさまざまなジャンルをコラボさせた新感覚のパフォーマンスを行い、女性を中心に注目を集める舞踏家・花園直道。

 自らを「邪派新姿(ジャパニーズ)」と称し、日本舞踊だけにとどまらず、洋楽やロック、ヒップホップなどを取り入れた斬新なパフォーマンスは国内外で公演され、活動の幅を広げている。

V系ファンが動揺した歌舞伎役者

 花園の斬新なエンターテインメントに魅せられるのは一般人だけではない。芸能界にもファンは多く、日本舞踊 深水流の名取であるデヴィ夫人にいたっては、彼に稽古をつけてもらい共演した経験があるほど。

 最近では、テレビ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)においても花園の密着取材が行われ、注目度が高まっている。

 花園直道は1988年生まれの26歳。幼い頃から日本舞踊 坂東流に入門し、同時に津軽三味線を学ぶ。17歳で名取・坂東蔦之龍を襲名。コンプレックスだったという181cmの長身を活かし、動きのある大きな舞で観客を魅了する。

 川中美幸や水前寺清子、伍代夏子といった大物歌手のバックダンサーや、CDシングルリリース、大河ドラマ『軍師・黒田官兵衛』への出演、さらには12月に公演される舞台で主演を務めるなど、俳優や歌手としても活動し、マルチな才能を発揮している。

 日本の古典舞踊を愛して守り、エンターテインメントを追求し続ける若きパフォーマーの今後の活躍に注目したい。

※画像は公式Twitterより

関連リンク

  • 11/11 16:20
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます