ホラーすぎるカボチャランタンが話題に 制作秘話を作者に直撃!

 非常にリアルなハロウィンのカボチャランタン(ジャックランタン)が手作りされていると、ネット上で話題だ。

 「種汁ぶしゃー!」とのツイートと共に、口から大量の種やワタを吐き出したランタンの画像。Twitter上では「こえーw」「内側から飛び出して来るような勢い!!」「た、種が異様にリアルです(T_T)」など、完成度の高さに驚く声が多数寄せられている。

フランス料理のプロが本気で作った牛丼

 このランタンを制作した、イラストレーターのTAKUMI™さんに話を伺った。
「あのカボチャはどこに売っているんだろうと思ったのが、そもそものきっかけです。Twitterで疑問をつぶやいたところ、花屋さんで売っていると聞いて、買いに行きました。せっかくなので帰りに彫刻刀も買って作ってみました」とTAKUMI™さん。ちなみに彫刻は、学生時代の美術の授業以来とのこと。

 「本来は中身をくり抜いて乾燥させ、彫りやすくしてから作るそうですが、何も調べずに彫り始めたため、水分が多く思ったより彫りにくかったです」というエピソードも即興ならでは。

 反応が多かった口の部分については、「中身を出したらホラーっぽさが出てハロウィンらしくなると思い、このような形にしました」と、その思いを見事に形にした作品であることがうかがえる。

 彫り始めると夢中になってしまい、完成までの約3時間タイルの床に座りっぱなしでいたため、お尻が冷えてしまったとか。

 普段は絵描きとして絵をメインに制作しているTAKUMI™さん。久しぶりの彫刻は非常に楽しかったそうで、「また機会があれば彫刻もやりたいと思いました」と話す。

 ハロウィンまでもうすぐ。手先が器用な方は芸術の秋も兼ねて、カボチャで本格ランタンを作ってみてはいかがだろうか。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/29 13:26
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます