アルツハイマーの母が娘を認識した一瞬をとらえたビデオに感動の嵐

 アルツハイマーを患い、娘のこともわからなくなった母親が、一瞬だけ娘を“我が子”として認識した。その瞬間をとらえたビデオがYouTubeで大人気だ。

 この奇跡的な偶然を撮影したのはアメリカ・ジョージア州出身のケリー・ガンダーソンさん。


 87歳になるガンダーソンさんの母親は、はじめは実の娘のことを「自分の母親だ」と思い込むほど、何も認識できていない状態だった。しかし、会話が進むにつれ、自分が誰と話しているかを理解して「あなたをケリーと名付けたのではなかったかしら。ケリー大好きよ」と愛娘に語りかけた。

 「あなたを愛しているわ」と言った母親に対して、ガンダーソンさんが「私もママが大好きよ」と返答。するとガンダーソンさんの母親は「私たち同じことをしているのね。すばらしいわ」と言って笑うのだった。

 これについて、ガンダーソンさんは「私のアルツハイマーを患う87歳の母親が、私が誰だかわかった。ほんの少しの間だけだったけれども」と感慨深げ。この時の動画に「God's Gift(神様からの贈り物)」とタイトルをつけYouTubeに投稿したところ、アップして約1ヶ月には750万超の閲覧があった。

 ネット上では「泣いちゃった。すばらしいね」「このようなことが起こって、本当によかった」といった声が上がっている。

※画像はYouTubeから
  • 10/21 19:16
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます