エヴァの連弾曲を1人で演奏した動画がスゴいと話題! ピアニストを直撃

 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』で流れる連弾曲『Quatre mains』をソロで演奏した動画が話題だ。

 『ヱヴァQ連弾を1人で弾く』と題されたこの動画は、ニコニコ動画内で数々の人気動画を発信してきたピアニスト、ピアニート公爵が投稿したもの。



 連弾とは1台の鍵盤楽器を複数人で同時に演奏することを指す。つまり本来は2人で弾く曲を、ピアニート公爵が1人で弾く曲に編曲し、演奏しているのだ。

 エヴァのテレビ放送に合わせて8月末に投稿されたが、再生回数は今もなお伸び続け、約37万回再生(10月8日現在)を達成している。

 ネット上では彼の高度すぎるパフォーマンスに「指がどう動いているのか分からない」「すばらしすぎる」「こんなの絶対ムリ」など、驚きと絶賛の声が上がっている。

 今回はピアニート公爵本人に、編曲について取材した。

 5歳からピアノを始め、東京芸術大学で学んだピアニート公爵。クラシック畑の人であるが、2007年からニコニコ動画に投稿し始めて人気を博し、CDもリリースした実力派。

 本動画について「掛け合いを楽しむようなすっきりと洗練された曲だったので、意外とすんなりいけました。跳躍(手が大きく飛ぶ部分)が多く、最初はちょっと無理矢理かなと思った部分もありましたが、練習すればできるものですね」と振り返る。

 自身の編曲へのこだわりについては「原曲をよく味わうことが前提です。ピアノの特性を活かしたいろいろな表現をできれば、と考えています。また私はクラシック畑の人間なので、クラシック風の編曲としてきちんとしたものを表現したいと思っているんです」と明かした。

 また、今後編曲にチャレンジしたい曲を尋ねると「最近はゲーム音楽の演奏会は多いのですが、アニメなどの劇伴(劇中音楽)はクオリティが高くても、改めて演奏される機会が少なくもったいないなと思います。気に入った作品に印象的な音楽があればまた弾いてみたいですね」と語った。

※画像はニコニコ動画から

関連リンク

  • 10/8 17:22
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます