A~Gカップまで! シェフが語る「おっぱいケーキ」誕生秘話

拡大画像を見る

 おっぱいのような形状のチーズスフレケーキがネット上で話題だ。

 同商品を取り扱うのは長崎・銅座町にある、創業60年を超える老舗ケーキ屋「リモージュ・タケヤ」。通称「おっぱいケーキ」として親しまれている。

まるで触手…美少女フィギュアでタコを釣る男

 ドーム型でなめらかな質感のケーキの頂上に乗っているのは、バストトップを彷彿とさせる木苺。「Aカップ」(500円)、「Cカップ」(800円)、「Gカップ」(1,600円)のほか、2個セットになった「ラブドーム」(1,100円)、ブラジャーを着用したデザインの「ラブドームデコ」(5,000円)を販売している。価格は全て税抜き。

 Twitter上で一般ユーザーがショーケースに並ぶ同ケーキの画像を投稿したところ、「夢が詰まったケーキです!」「なにこの2つセット買いしなきゃ…っていう使命感を煽る名前!!w」「普通に美味しそう」などの声が上がった。

 一体なぜこのようなケーキを作ることになったのか、同店のオーナーシェフに聞いた。

 シェフは「3年ほど前、お客さまからの依頼を受けて作ったことがきっかけです。もともと普通のチーズスフレケーキでしたが、お店のロゴが入った赤いケーキピックをてっぺんに刺していたところ、『ケーキピックを木苺に変えて、おっぱい風のデザインにしてくれ』との要望をいただきまして」と意外な誕生秘話を語る。

 「それからというもの、『Fカップじゃインパクトに欠けるからGカップと名付けよう』『大きいのだけじゃ嫌味になるからCカップも作って』『もっと小ぶりなサイズのものを作って』『2つ並べて作ってほしい』などの声が続々と寄せられたのです」と、現在のラインナップに至った経緯も教えてくれた。

 ちなみに、「Aカップに夢見過ぎなお店ですね!」といった意見もあったが、実際のカップ数に準じた大きさではなく、既存の型のサイズの「大」(直径18センチ)、「中」(同15センチ)、「小」(同12センチ)をそれぞれGカップ、Cカップ、Aカップとしているのだという。つまり、リアルなAカップの胸よりも大きめなAカップケーキはサイズ的にお得ということだ。

 「夜が賑やかな長崎の繁華街にあり、週末は夜0時まで営業していることから、この辺で知らない人はいないほど、老若男女に愛されているケーキです。ぜひご賞味ください」とシェフ。
 
 このケーキには3種のチーズが使われているそうだが、何のチーズかは企業秘密なので、ぜひ食べて確かめてもらいたい。

関連リンク

  • 9/30 16:37
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4

記事の無断転載を禁じます