秋元康が「指原から怒りのLINEが来た」と明かし話題に

 AKB48グループの総合プロデューサー・秋元康が8日、トークライブアプリ『755(ナナゴーゴー)』で「指原から怒りのLINEが来た。」と明かし、話題となっている。
 
 秋元は、ユーザーから寄せられた「HKTの新曲でセンターが三人ぐるぐる回るのいいですね。他のグループでもできないでしょうか?」という質問に対し、「あれは、指原のアイデアだそうです。」と回答した。

 しかし、それを知った指原莉乃から、「秋元さんが新曲のポジションがくるくる変わるのは指原のアイデアだって755に書いたから、叩かれてじゃないですか!」(原文ママ)「私が言ったのは、テレビに出るときに二列目も三列目も映るようにポジションを変えたいって言っただけです」と、怒りのLINEが来たとのこと。

秋元康「指原は悪魔」と言及

 秋元は、指原が「HKT48メンバーのポジション」まで意見しているように見えてしまったとして、「ごめん、ごめん。僕の言い方だと誤解されるか」と謝罪。
 あくまで「フォーメーション」についての意見を採用しただけで、指原がメンバーに関する「人事権」を有してはいないと釈明した。

 その一方で、秋元は指原が叩かれることを気にしている様子について、「指原も悪魔の癖に意外と気ぃ遣いなんだよな。 まさに、小心者力、ネガティブ力。」「指原は面白いなあ。変なところでナーバスになる。」とつづった。

 これに対してネット上では、「2列目3列目が前に出るフォーメ―ションは 後列メンバーを思っての指原の進言だったか」「イチャイチャしてんなw」などのコメントが寄せられている。

 なお、指原自身も自身のTwitterで同日、「秋元さんに初めての怒り…(笑)」とつぶやいている。

関連リンク

  • 9/8 16:12
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます