V系バンドLIPHLICH進藤渉のアイスバケツチャレンジが美しすぎると話題に

 ヴィジュアル系バンドLIPHLICHのベーシスト、進藤渉が8月30日に公開したアイスバケツチャレンジの動画が美しすぎると話題を呼んでいる。

 アイスバケツチャレンジは、難病で知られる「ALS」(筋萎縮性側索硬化症)の認識度向上と募金活動を促すためのチャリティー活動を指す。バケツに入った氷水を頭から浴びるか、ALS協会に100ドルを寄付するか、または両方を行ってもよいというルールだ。

X JAPANのYOSHIKIが残した「伝説」

 進藤は8月23日、V系バンドNoGoDの団長から「次に振られた方、決して強制ではありません!」との言葉とともにアイスバケツチャレンジを指名された。

 25日、進藤は自身のTwitterで「ハッキリ申し上げますと、氷水を被る事に何の意味も感じません。他の行為でも良いと思います」と、氷水にとらわれない別の形でアイスバケツチャレンジをすると発表。

 進藤が行ったアイスバケツチャレンジは、青白く幻想的な氷の世界の中、細かな氷を浴びる美しい映像となっている。「氷の体験美術館 北海道アイスパビリオン」で撮影されたというこの映像は、現在(9月4日現在)5,000回以上再生されている。

 Twitter上では「無茶をせずに進藤さんと自然との共有、美しくて魅入ってしまいました」「氷水被ってる風潮しねと思っている私みたいな人に一石を投じるすばらしい動画ですね」など、絶賛のコメントが寄せられている。

 進藤はV系バンドDaccoのYURAサマとドラァグクイーンのScarlettを次のチャレンジャーとして指名している。

関連リンク

  • 9/5 19:00
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます