やきとりなのに冷たい!? 料理長が語る「クールやきとり」誕生秘話

 ひんやりとしたコラーゲンジェルに包まれた冷たいやきとり「クールやきとり」がネット上で話題だ。

 クールやきとりとは、株式会社ひびきが運営する、北海道から福岡まで全国7ヶ所のご当地やきとりを食べ比べできる店「全や連総本店 東京」の商品。

目隠し状態でフルコースを食べる「暗闇怪談」に参加してみた

 冷たいやきとりを出汁の旨味たっぷりの冷やしたコラーゲンジェルで包む、美容によさそうな商品だ。かしらとつくねの2串セットで380円(税抜)、9月30日(火)まで1日20セット限定で販売している。

 このクールやきとりに対し、ネット上では「すごい前衛的な食べ物」「クールやきとり食べに行きたいですね」「見た目的には涼やかだな……」などの声が上がっている。

 この斬新なやきとりはどうやって生まれたのだろうか。全や連総本店 東京の店長・藤本右近さんと料理長・鈴木芳生さんに取材したところ、「暑い夏はビールに合うやきとりが売れますが、熱々ではなくこの猛暑に負けないスペシャルなやきとりを作りたいと思いました。本気を出したやきとりは、冷えても美味しい世界初のクールやきとりです」とクールやきとりが誕生したいきさつを語る。

 メニュー開発では「クールとはいえ、ただの『冷めたやきとり』では美味しくない。水分を抜くと美味しさが失われるので、試行錯誤の結果、ジュレをまとわせる形にたどりつきました。ただの面白いメニューではなく、味も納得できるものです。今までにないやきとりを開発できた満足感や楽しさでいっぱいですね」とのこと。

 実際に食べた人たちからは「見た目とぷるぷる食感のインパクト大」「ぷるぷる感がクセになりそう。お肌がつるつるになりそうなので、毎日食べたい」「今までで味わったことのない美味しさ」などの声が寄せられている。好意的な声が多かった一方で、「やきとりはやっぱり熱い方が美味しい」なんて意見もあったそうだ。

 売れ行きについては「コラーゲンたっぷりなので、女性をメインターゲットにしていました。しかし、実際は老若男女幅広く支持されています。1日20セット限定ですが、初日は売れ残ったものの3日目ぐらいからは毎日売り切れるようになりました。ネットで話題になったおかげか、19時には完売します」と話す。

 最後に「擬製豆腐(編集注:水切りして細かく崩した豆腐に、卵や野菜など他の材料や調味料を入れて、蒸したり焼いたりした料理のこと)を使った串を発売したい。肉ではなくても主菜になるような、ヘルシーな串を目指します」と、今後の展開についても語ってくれた。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/27 20:33
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます