元モー娘。保田圭が『ヤングタウン土曜日』で、後藤真希&吉澤ひとみにブチ切れたエピソードを明かす

 23日に放送したMBS放送『ヤングタウン土曜日』で元・モーニング娘。保田圭が同グループに所属していた後藤真希、吉澤ひとみに対して激怒したエピソードを明かした。

 保田は、MCの明石家さんまに「圭ちゃんは(過去に)どうやった?仲間とか、揉めた人とか」と話を振られると、モーニング娘。の派生ユニット・プッチモニ(保田、後藤、吉澤による3人組)で収録を行った際の出来事を語った。

モー娘。低迷期について激白

 生放送前のリハーサルの出来が良くなかったことから、保田が二人に対して「ちゃんと練習しなよ!」と釘を刺したが、笑って小馬鹿にした様子で、きちんと取り組まなかったとのこと。
 
 その結果、生放送で歌がボロボロになる大失敗となったことで、保田がブチ切れ。「アッタマきて『だから練習しろっていったでしょ!』ってめっちゃ怒って」と、当時を振り返った。

 しかし、保田は怒ったものの内心はドキドキしており「このあと二人にシカトされるんじゃないか」と思っていたという。その後、後藤と吉澤が「今日は本当にすみませんでした…」と素直に謝ってくれたことで、ホッとしていたと明かした。

 この件について、同番組で共演していた吉澤は、普段怒らない保田の行動に「結構ビビりました、焦りました」と、当時の心境を明かしている。

関連リンク

  • 8/25 20:31
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5

記事の無断転載を禁じます