売り切れ続出の「ゆうパックダンボー・ミニ」! 人気の理由を担当者に直撃!

 7月18日から日本郵便が発売中のフィギュア「ゆうパックダンボー・ミニ」がネット上で話題になっている。SNS上では「欲しい~~」「凄い存在感…!」「ゆうパックダンボー可愛すぎでしょ」などの声が上がったほか、公式サイトは1000以上もの「いいね!」を集めた。

 本商品は、「ゆうパック」とマンガ『よつばと!』(KADOKAWA)に登場するロボット・ダンボーとがコラボレーションして誕生したもの。

他人に見られると「人生が終わる」体操

 これまで「amazon」や「ペプシ」「カルビー」など、さまざまな企業とコラボしてきたダンボー。今回のゆうパックとのコラボのいきさつについて、日本郵便の広報室に聞いてみた。

 「企画元のよつばスタジオさんからシリーズ初の『白』を基調としたダンボーを制作したいとのお話を頂いたことがきっかけです。ダンボーファンは主に若年層である反面、ゆうパックの利用者は全世代です。それもあって今回の『ゆうパック』とのコラボレーションで、若い世代以外にもダンボーを知ってもらいたいとの思いがあったようです。弊社の担当者も実は大のダンボーファンで、思った以上にスムーズにコラボレーションが実現しましたね(笑)」(日本郵便・広報室)。

 人気の理由を尋ねると「お買い求めになるお客さまからは、『超かわいい!』『郵便局でダンボーが売っているなんて、意外だけどアリかも!』といった感想があったほか、高齢のお客さまからは、『孫に頼まれて1個買いに来たけど、目が光り、愛らしい』『あまりにも可愛いので自分用にもう1個購入した』などの声が寄せられています。また、ゆうパックダンボーの白い顔はとてもチャーミング。見つめられると、私も『きゅん!』としますね(笑)。フィギュア『リボルテック・ダンボーmini』をベースにしているので、関節も動きますし、目も光ります。自分の好きなポーズや遊び方ができますよ」と語ってくれた。

 郵便局のネットサイトと首都圏の主要郵便局のみで販売された先行発売分は、東京中央郵便局を除き、すでに完売したという。8月下旬からは、全国50ヶ所の郵便局で追加発売を予定している。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/25 15:55
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます