花婿9歳・花嫁62歳! 超年の差婚のワケとは?

 南アフリカ共和国のツワネで、ある夫婦の“誓いの更新”が行われたことを、多くの海外メディアが報じて話題を呼んでいる。

 夫Saneleくん(9歳)と妻Helenさん(62歳)は2013年に結婚。この度行なわれた“誓いの更新”は、地域に伝わる慣習で、夫婦が変わらぬ愛を誓うセレモニーだ。100人ほどのゲストを前に、盛大に祝われた。

ビビアン・スーの花嫁姿に大反響


 そもそもこの結婚は、Saneleくん自身が希望したもの。結婚しないまま亡くなった祖父が夢に出てきたことを、「自分に代わって結婚してほしい」というメッセージとして受け止め、Saneleくんはその願いを叶えてあげようと思い立った。

 Saneleくんの母・Patienceさんは「この結婚は単にシンボリックなもので、夫婦は一緒に住んでおらず、性的関係もない」と説明した上で、「もし私たちが息子の希望を叶えていなかったら、家族に何か悪いことが降りかかっていただろう」と語った。

 Saneleくんはこのことについて「Helenと結婚できて僕は幸せだ。でも僕は学校に行くし、そこでたくさん勉強をする。僕が大きくなったら、同じくらいの年頃の女性と結婚するつもりです」とコメントしている。

 一方、花嫁となったHelenさんは、Saneleくんと結婚する以前から既婚者で、現在5人の子どもの母。彼女は「今回の結婚が祖先の願ったものであるということはわかっています。だからきっと彼らも今は幸せなはずです」「今回の結婚は儀式的なものです。Saneleくんもいつの日かちゃんと結婚するでしょう」と感想を述べた。

 Helenさんと30年来の夫であるAlfredさんも式に参加し、「私も私の子どもたちも幸せです。私たちは今回のことについて何の問題もないけれど、周りの人たちの中にはショックを受けている人たちもいるようです」と語った。

【参照】
Mail Online "Child bridegroom: Eight-year-old boy marries 61-year-old woman after 'dead ancestors told him to tie the knot'"
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2291324/Child-bridegroom-Eight-year-old-boy-marries-61-year-old-woman-dead-ancestors-told-tie-knot.html

関連リンク

  • 8/18 16:30
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 見出しだけみるとビックリするが、記事の内容を読んでみると、本人達も周囲も全員納得してるんだから、何も問題は無いですねぇ。

記事の無断転載を禁じます