プロ注目のドラフト候補、甲子園ではここを見てみよう!/大会4日目は強打線の九州国際大付高が登場!

拡大画像を見る

 熱戦が続く2014年夏の甲子園大会。GREEニュースでは、スマホマガジン『週刊野球太郎』編集部の協力を得ながら、当日の試合に出場する球児たちのなかから、プロのスカウトが注目する、いわゆる“プロ注”選手たちを紹介していきます。大会4日目は野手を中心に、逸材が続々と出場します!

     *   *   *

■第2試合
東海大四高(南北海道)vs九州国際大付高(福岡)
◎九州国際大付高・清水優心(しみず・ゆうし)/捕手・右投右打【写真】

 清水の魅力は何といっても、類い希な「長打力」にある。昨秋の県大会で放った1発は、なんと北九州市民球場のレフト場外に消えていった。その高校生離れした飛距離を甲子園でもみせることができるか。

 捕手としても、捕球してから二塁への送球のタイムが2秒をきる強肩は魅力。投手の良さを最大限に引き出すリードも要注目で、今夏限りで退任する若生正廣監督を甲子園で胴上げするため、「4番」、「主将」、「捕手」の三役を担う。

◎九州国際大付高・古澤勝吾(ふるさわ・しょうご)/遊撃手・右投右打

 その清水の前の3番を打つのが、こちらもプロ注目の古澤だ。高校通算20発以上を誇る長打力を秘めた遊撃手で、福岡大会では7試合で打率.481、2本塁打、チームトップの13打点を記録するなど大活躍。5回戦の福工大城東高戦ではサイクル安打も達成した。

 試合ではその打撃の他、安定した守備にも注目してほしい。広大な守備範囲が自慢で、巧みなハンドリングやリズミカルな足の運び、そして肩も強い。攻守にセンス溢れる逸材といってよいだろう。

■第3試合
神戸国際大付高(兵庫)vs聖光学院高(福島)
◎聖光学院高・安田光希(やすだ・こうき)/一塁手・右投右打

 福島大会を8年連続で制し、11度目の夏の甲子園出場を決めた聖光学院高。その名門で4番を打つのが安田だ。地方大会では6試合で記録した12打点はチームNo.1の数字。投球コースに逆らわず、ライナーを広角に飛ばして打率.545を記録した。

 4番打者ながら4盗塁をマークし、三塁打を2本も放ったのは身体能力の高さを裏付ける。また確実に右方向にゴロを転がし、バントなどの小技もできる安田は、まさに万能タイプの4番打者といえるだろう。

■第4試合
山形中央高(山形)vs小松高(愛媛)
◎山形中央高・石川直也(いしかわ・なおや)/投手・右投右打

 石川の注目ポイントは、いかにも投手らしいそのシルエットだ。191センチ78キロとまだ線の細さは感じるが、ひと冬を越えて身体に力強さが備わった。その長身から繰り出すストレートは全国レベルで通用するだろう。

 山形大会決勝戦で先発した石川は、酒田南高打線を相手に9回を投げて12奪三振、2失点と好投。粘り強い投球で逆転勝利を引き寄せた。

 ただ、チームには2年生ながら安定感ある左腕・佐藤僚亮もいる。山形大会では、佐藤が先発して、石川が抑えにまわる試合が多かった。甲子園で先発するのはどちらか、そして継投策か? 先発完投か? 注目したい。

※『週刊野球太郎』は、プロ野球・高校野球を楽しむネタが満載。auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。

スマートフォンマガジン『週刊野球太郎』(http://yakyutaro.jp)は甲子園の初戦のみどころを紹介したり、注目選手一覧を掲載したり、甲子園観戦が5倍わかりやすくなる記事を更新しています。どうぞお楽しみに! 雑誌『野球太郎No.009 夏の高校野球大特集号』、『野球太郎No.010 高校野球監督名鑑号』も好評発売中!

関連リンク

  • 8/13 17:50
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます