「生きる喜びを伝えたい」 がんで“余命半年”と宣告された女子大生の言葉に反響

 30日に放送したNHK総合『ニュースウォッチ9』で、肝臓がんで余命宣告を受けた大阪の大学生・山下弘子さん(21)が紹介され、反響を呼んでいる。

 山下さんは、一昨年の10月に肝臓がんが見つかり、切除手術を行った。しかし、肺にも転移したことから、医師からは「打つ手がない」との言葉が伝えられた。

 そうしたなかで、「『余命半年』宣告されるも、今を生きる。」と題したブログを開設。闘病の苦しみではなく、「生きることへの意志」をつづっている。

 山下さんは現在、母校をはじめ全国各地の学校で講演活動も行っている。そこでは、「限りある時間の中で悔いを残してほしくない」というメッセージを必ず伝えており、講演を聞いた生徒たちからは、生きることの大切さに心が動かされたと、数多くの感想文が送られている。

 「もし、普通の人よりちょっとでも説得力があるのなら、もしそれで誰かを元気づけて救うことが出来るんだったら、こんなに幸せな生き方ないと思いますし、こんなに幸せなこともないし、こんなに生きてる実感もないので、すごく幸せです、いまは。がんによって教えられたことが本当にたくさんある」と、力強く語った山下さん。今後は、講演活動に加えて、がんに苦しむ人をサポートする組織を作りたいという。

 これに対してネット上では、「21歳で余命半年宣告ってつらいな…。」「あらためて生きる意味の大切さを、感じさせられた」「凄くキラキラしてて綺麗だなって素直に思った。生命を燃焼するってこういう事なんだろうな。懸命に前を向く姿にただただ尊敬します」「悔いなく精一杯生きていかなきゃ」など、様々なコメントが寄せられている。

関連リンク

  • 7/31 0:06
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

22
  • 自分は癌ではなく日本に100人いない難病。もう10年以上闘って延命処置に近い手術を今年だけで10回して入院中。思う様に呼吸ができない。夢や希望など持てない状態。自殺したら楽だわな!マジ自殺してぇーよ!でもな!関わった人達にどのくらい迷惑かけるか…頑張って生きて行かなきゃならないんだよ! ジェイ☆とか言う野郎!愚かだとしても生きなくちゃならないんだよ。アホンだら!

  • そんな人気持ち考えてほしい世のかなわ いいがもう子供違うやから君達言われたらどんな気持ちなる 無視されたり死ねや言われたり人わ無理やり笑顔居てもな、中身わ寂しいだよ 辛いだよ無理やり笑顔 この人も辛かったと思うもっといい言葉書いてあげてくれ。

  • なんて辛い話なんだ若いのに痛かったよね暴れたかったよね恨みたかったよね家族 なんで私なの何回も思ったよねでも貴女そんなこと何も無い俺にわ伝わる辛くて若いし彼氏だって結婚だって、子供だって料理だってHだってしたいはず涙 俺にわわかるよ最後そんな言いたく無いけど、家族と思い出して写真してそれから好きなことして自由してから、安らかにいや悲しい話、眠って下さい辛かったことにお疲れ様でした涙

記事の無断転載を禁じます