『有吉反省会』で明らかになった舞の海の本性にスタジオ騒然

 27日に放送した日本テレビ系『有吉反省会』に大相撲解説者・舞の海秀平が出演。その意外な素顔にスタジオが騒然となった。

 番組に登場した舞の海は、「自撮りが苦手」であることを反省するとともに、「言いたいことを言えない」という悩みを告白した。

『有吉反省会』に出演もブーイング続出

 「例えば、相撲の解説をしていても、相撲の世界って縦社会、番付の世界なので(自分は)小結1回しかなったことないんですよ」として、横綱や大関については「言いたいことの半分もいえないですね」と明かした舞の海。
 「他のスポーツ見てるとそんなに実績のない方でものびのびと解説してる」と本音を語ると、MCの有吉弘行から「結構言いたいこと言いますね」と突っ込まれることとなった。

 そこで、有吉が「舞の海さんの中には、黒いものがあるっていうことでしょうね」と投げかけると、「はい。常に悶々としています。毒好きです」と告白し、スタジオは騒然となった。

 舞の海は、テレビを見ていてもタレントに対して面白くない、ダメだな、などと考えており、口には出さないものの「想いは常にあります」と語った。
 有吉に、「例えば大吉さんに想うところもある?」と聞かれると、「大吉さんは、そんなにこう、面白いイメージがないんですよ。でも、今日結構ヒットなコメントして大吉さんなりに活躍している」とコメント。
 すると、博多華丸・大吉の大吉は「舞の海さんに言われるとショックでかいですよね」とこぼした。

 さらに、「大久保さんにあだ名付けるとしたら?」と振られると、「あだ名は分からないですけど、顔がちょっとこう、グシャッっとしてる」と暴言を吐き、スタジオは大きな笑いに包まれた。

 これに対してネット上では、「舞の海さんがやばいw」「有吉反省会の舞の海おもしろい」「ブラック舞の海」などの感想が寄せられている。

関連リンク

  • 7/28 15:03
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5

記事の無断転載を禁じます