東山紀之が明かした、紅白歌合戦「仮面ライダー事件」の裏側

 24日に放送したTBS系『櫻井有吉アブナイ夜会』に東山紀之が出演し、紅白歌合戦後に「号泣した事件」の真相について語った。

 東山は、少年隊としてNHK『紅白歌合戦』に初出場した際、デビュー曲である『仮面舞踏会』を披露したが、司会を務めた加山雄三に「紅白初出場、少年隊、仮面ライダー!」と曲紹介されてしまうハプニングが発生した。

 さらに、曲中では、東山だけ着替えの衣装が脱げてしまうなど、散々な紅白になったことから、楽屋で号泣してしまったとのこと。番組では、この有名なハプニングの裏側について紹介した。

『Mステ』でTOKIOに禁断の質問

 少年隊が本番前に楽屋でリハーサルをしていたとき、彼らの衣装を見た先輩の近藤真彦が、「お前らの衣装、なんか仮面ライダーみたいだな!」と発言。これが同じ部屋にいた加山の脳裏に焼き付いてしまったため「仮面ライダー」の言い間違いを引き起こしてしまったという。

 これに対してMCの櫻井翔が「マッチさんの一言っていうのは知らなかったですね」と驚くと、東山は「あれは全部マッチさんのせいです」と断言。スタジオからは笑い声が上がった。
 そして最後に、「この失敗があるからみんなに覚えてもらってたりするし、いま思えば加山さんに言って頂いて感謝」と、現在の思いを語った。

 このエピソードについてネット上では「東山さんにもこんな過去があったんだね」「マッチさんのせいって(笑)」という感想のほか、当時の衣装について「仮面ライダーっつーよりショッカーだよな…w」などの声が寄せられている。

関連リンク

  • 7/25 13:22
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 加山さんはSFや特撮が好きだから、余計に脳裏に焼き付いたのでしょうね。当時、紅白を観てインパクト強烈だったのを覚えていますよ。

  • 平成ライダーに少年隊を出して!!絶対ハマるのに…

  • この時の事は昨日の事のように覚えています。当時まだ一般には知られて無かった「少年隊」加山雄三さんが、思いっきり「仮面ライダー!!」と言いましたな…有り難うございました「美空さん!!」

記事の無断転載を禁じます