果たしてブラジルW杯の"正確"な検証はなされたのか 決勝に進出した2か国が見せたサッカーの真実と日本が進むべき道

データ上で浮かび上がるドイツとアルゼンチンの"別の顔"



 決勝まで駒を進めたのは、あらゆる参加国中最多となる8回目のワールドカップ決勝進出で3度の優勝経験を持つドイツ、そして過去5回の決勝で2度の優勝を果たしたアルゼンチンの2か国だった。

1986年のメキシコ大会でマラドーナを擁するアルゼンチンが3-2で西ドイツを破って優勝すると1990年大会では西ドイツが1-0で勝利して優勝を果たした。そして今回が3度目のワールドカップ決勝での顔合わせとなった。決勝でヨーロッパ対南米というカードは10回目になるがそのうち7回が南米のチームが勝利している。さらに南米大陸での大会で欧州のチームが優勝したことはない。

 南米に有利なデータばかりだが、この2チームの戦いに限って言えば、2006年ドイツ大会では準々決勝で顔を合わせ1-1のままPK戦に突入しドイツが勝利した。2010年南アフリカ大会においても準々決勝で顔を合わせたがこの時はドイツが4-0と圧勝した。

 ドイツの初戦のポルトガル戦4-0、準決勝のブラジル戦7-1という結果があまりに強烈で、他にもフランス、アメリカという強豪国をことごとく打ち破ってきた実績からドイツ優勝の声が多く聞こえていた。

 一方アルゼンチンは、ドイツに比べて対戦国に恵まれていたものの全て1点差勝ちで苦戦のイメージと「メッシ頼み」の感は否めない。それらの印象や試合結果とは別に、試合内容を表すデータからこの2チームが決勝にたどり着くまでの道のりを振り返ってみたい。


 ポゼッション率、パスの成功率、シュート数、クロス数等マイボール時のデータを見てみよう。ドイツとアルゼンチンのデータを示す2つの表を見てみると、洗練された一段上のポゼッションサッカーで圧倒的強さを見せてきたドイツ、しっかりと守備を固め、メッシの決定力に任せて勝ち残ってきたアルゼンチンというイメージとは少し異なる印象だと思う。

 両チームとも平均60%近い支配率を誇り、パスの成功率に関しては偶然にも85.7%とまるで一緒だった。Duelsというセカンドボールをどちらのチームが奪ったかという守備のデータを見てもドイツ、アルゼンチン共に6試合中5試合で相手よりも勝率で上回っていた。

セカンドボールで強さを発揮したドイツとアルゼンチン



 少し試合内容の考察が必要となってくるのはクロスのデータだ。平均を見ると両チームとも相手の方がより多くのクロスを上げていた。ドイツは6試合中相手より多くのクロスを上げていたのは2試合だけで、クロスを中心としたサイド攻撃が特徴のチームでは無かったようだ。フランス戦では相手の約1/7、ポルトガル戦では約半分、ブラジル戦では約1/3のクロスしか上げていなかった。

 アルゼンチンはポゼッション率が76.4%と試合中約3/4のボールを支配していたイランとの試合で相手より2本クロスが多かったのを除けば残りの試合は全て相手の方が多かった。

 実はコーナーキック、フリーキックを除いたオープンクロスと呼ばれる流れからのクロスの成功率はそれほど高くない。オープンクロスに飛び込んで味方が触れるのは1試合で平均2、3本だ。成功率に直すと10%台。そして、屈強なセンターバックによって弾き返された9割のオープンクロスの次のプレーはDuelsだ。

 ドイツ、アルゼンチン共にDuelsの勝率が高いチームだ。多くの人がイメージしているようにサイドからのボールを味方がダイレクトで決めることはそんなに多いわけではない。むしろそこで競り合ってこぼれたボールの処理が勝負の分かれ目になることが多い。高いポゼッション率がイコールそのままパスで崩して得点したと思いがちだが、ドイツの積み上げてきた得点、メッシが輝くひとつ前のプレーを思い出してもらえれば、最後の決定打は「こぼれて」きたボールへの「反応の速さ」と「対応の的確さ」だったことが分かる。

 データを見る限り決勝までの試合でドイツが苦戦したのはフランス戦だろう。そしてアルゼンチンが苦戦したのはベルギー、オランダ戦だ。準々決勝以降の試合は苦戦というよりむしろ冷静に力関係を分析して現実的な戦い方を選んだのかもしれない。

決勝でパスの成功率が10%以上も下がったメッシ



 では決勝戦を振り返ってみよう。


 決勝戦のデータを見る限り、ドイツはいつものドイツだった。相手よりも10%多く走り、これまで通り相手を圧倒し、決勝戦で勝利するにふさわしいデータとなっている。同数だったシュートも枠に飛んだシュートを見ればドイツ5本に対しアルゼンチンは0本だった。唯一違う点があるとすればクロスのデータだ。

 アルゼンチンは準々決勝以降のアルゼンチンだった。相手との力関係から無理をせず最後はメッシの決定力に期待する「戦術」を取った。どのチームも「メッシ」がアルゼンチン最大の武器であることは認めているため、それなりの対策を打ってくる。

 そんな中でもメッシには40回前後のパスを出すチャンスが与えられる。そのパスの精度をどれだけ下げられるかが相手チームの対策の優劣となる。メッシのグループリーグの3試合の相手陣内でのパスの成功率の平均は約85%、決勝トーナメントでの3試合の平均は約75%だった。決勝戦ではその成功率はさらに10%以上下がり65%を切った。

前線の流動性と後方のバランスのいいポジショニングが際立ったドイツ



 イラストを見てほしい。

 この図は決勝戦における両チームの選手たちの平均プレーポジションで、全てのプレー位置をプロットし、その平均のポジションを示したものだ。試合における最も多いプレーはパス。従ってこのイラストはボールポゼッションで圧倒していたドイツにとってはマイボール時のポジションが、アルゼンチンにとってはそれに対応した守備的なポジションが反映されているとみていい。


 ドイツの前線の選手の動きは流動的だ。右サイドをスタートポジションとしたミュラーはストライカーとしての動きが得意で中央でプレーする機会が多い。ミュラーが明けたスペースにラームがオーバーラップし、その動きをサポートする選手が寄ってくる。左サイドのエジルもマイボール時は積極的にボールに関わるタイプだ。エジルが動いたことによるスペースが相手に使われてしまうことがないようにクロースがバランスを取っている。

 一方アルゼンチンのポジショニングを見ると左にポッカリとスペースが空いている。ドイツの右サイドで人が多く集まっている場所と重なっていることから判断して、このエリアで作られてしまい、それに対して対応が出来なかったということだろう。

 この大会の他の試合を見ても言えることだが、前線の流動性ある動きと後方のバランスの取れたポジショニングがドイツの本来の強みだ。相手にボールを奪われると、奪われた位置に近い選手が縦のボールを蹴らせない。最終ラインとボランチの選手たちの共同作業で中盤のエリアにスペースを与えない。出しどころがなく後方でパスを回さざるを得ない状況となっている間に動き回っていた前線の選手が本来のポジションに戻ってくる。万が一高いディフェンスラインの裏にボールを蹴られた場合でも最終ラインの裏に、そのエリアをカバーしてくれるもう1枚のディフェンダー、ノイアーがいる。

攻守にわたって豊富な運動量を誇ったドイツの凄さ



 こうしたディフェンスを支えているのは、マイボール時に相手のスキを突くアイデア(Idea)を考えながらパス交換をしている選手の後方で攻撃のチャンスと守備に回った時のリスクを同時に考えている選手のインテリジェンス(Intelligence)だ。そしていざボールを奪われてしまった時に実際に行動に移す運動量と強度の高い動き(Intensity)である。


 この表はドイツと対戦相手のインプレー時の走行距離だ。全ての試合でドイツが相手より「走って」いたのが一目でわかる。大事なのは相手より「いつ」多く走っていたかだ。これまでは守備時にはなるべく走らないように、攻撃時に一気にパワーをかけるという考え方が一般的だった。今回のドイツはポゼッション率が高かったためそもそもマイボール時に多くの距離を走っていた。それはアルジェリア戦を除いた全試合で相手の守備者より長い距離を走っていた。しかし相手がボールを保持すると、その相手よりも10%以上多く走っていたのが分かる。

 いつ走るか、の「いつ」の部分が守備の時であっても走っていたということはドイツの隠された強さの要因だ。それは自由に前線で動いていた選手の自陣への帰還、相手がボールを動かすたびに動き直すこと、即ちPOSITIONからPOSITIONへの移動、即ち継続的なPOSITIONINGというINGという継続動作の積み上げの結果だ。

可能な限り正確な現状分析はなされたのか



 ワールドカップが終了し、間もなく1週間がたつ。決勝戦の素晴らしさはドイツのハードワークであったり、それに対して120分間戦い抜いたアルゼンチンへの称賛であったり、メッシのプレー、ゲッツェに代表される若手選手の台頭……等、様々な切り口の記事を目にする。サッカーの内容そのものについては、ポゼッションに対してカウンター、守備重視、タレントの育成……等これまた様々な切り口の記事を目にする。

 日本代表についていえばその目は既に次期監督の人選、その監督が目指すサッカー、メキシコサッカーの強さの秘訣、次代を担う若手選手……。

 様々な切り口があって良い。ただ忘れていけないことは、限りなく正確な現状分析だ。

 この世界最大の祭典というイベントとしての成否の評価と同様に、世界最高峰の戦いの舞台で行われたサッカーという競技がどのような進歩を見たのか?

 さらなる進歩のために、あるいは現時点で最前列を走っているチームとのギャップは何か?

 それをどうやって埋めていくのか?

 現時点でそうしたコメントにも記事にも殆ど出会っていないことに一抹の不安を感じている。

 この大会期間中15試合について分析を行った。決勝トーナメント以降は1試合の分析を行うためにグループリーグの試合を再度分析し記事にした。OPTAというリアルタイムのデータを活用して分析を行ってきたが、スピードを重視したため深い部分に入って行けないことも多々あったが、それでもOPTAのおかげで見えなかったものを少しだけ見ることが出来たと感じている。

 グループリーグにおいて最も衝撃的な試合は前回王者のスペインとオランダの試合だった。そこでの分析の時使ったキーワードが大会を終えた今も最も重要なものだと確信している。

Individual:チーム構成のための最小要素である個の選手の育成
Intensity:世界で戦うための強度の高い動きを可能にするフィジカル
Idea:さらに組織的になってきた守備網を突破するためのクリエイティブな発想
Information:ピッチ内外で起きていること、目で見えること、見えないこと、様々な情報
Intelligence:情報を解釈して実践プランに落とし込める知性

 5つの"I"に対してのKPI(Key Performance Indicators)を明確にしながらそのプロセスを管理していく。そんなアプローチも重要だと感じている。

analyzed by ZONE World Cup Analyzing Team
その他の分析記事: http://soccermagazine-zone.com/archives/category/analyze
データ提供元: opta
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

関連リンク

  • 7/22 12:40
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます