ドカベン、MAJOR、砂の栄冠……リアルでも漫画でも「二“投”流投手」が活躍中!

 昨年のセンバツ優勝校、浦和学院が早くも姿を消すなど、波乱含みの高校野球埼玉大会。そんな中、ひと際注目を集める球児がいる。所沢商の増田一樹だ。増田は、左右どちらからも投げられることから「両投げ投手」、「二“投”流球児」としてメディアを賑わせている。ネット界隈でも「まるで漫画みたいだ」、「『ドカベン』でそんな投手いたよね」といった声で日に日に人気を集めている。そこで、増田のこと、漫画の世界の「二“投”流投手」についてを、野球のことなら二次元も三次元も詳しいスマホサイト『週刊野球太郎』編集部に教えてもらった。

     *   *   *

 まずは、所沢商の増田一樹についておさらいしておきましょう。増田は、元々は右利きで、小学生の時は右投げの投手でした。しかし、6年生で右ヒジを痛め、医師からは「もう野球はやめた方がいい」と宣告されてしまいます。それでも、野球を諦められなかった増田は親からの奨めもあって「左投げ」でカムバック。中学生の時は一塁手として活躍。そして、高校に入ってから投手にも挑戦するようになりました。

 また、痛めていた右ヒジも、中学3年の時に7時間にも及ぶ大手術を経て復活! その結果、サイドハンドから変化球主体の「技巧派左腕・増田」と、最速138キロのストレートが武器の「本格派右腕・増田」という、世にも珍しい「二“投”流投手」が誕生したのです。

◎ケース1:『ドカベン』わびすけの場合

 スポーツ紙などで増田を形容する際に使われるもう一つのフレーズが「リアル・ドカベン」。野球漫画のバイブル『ドカベン』(水島新司/秋田書店)に登場した「わびすけ」こと木下次郎(赤城山)に由来しています。わびすけは投球モーションに入るまで左右どちらで投げるかわからない、という超変則フォームで山田太郎をはじめとした明訓ナインを苦しめました。

◎ケース2:『MAJOR』茂野吾郎の場合

 漫画界にはまだまだ「二“投”流投手」が存在します。特に、増田のケースに酷似しているのがアニメ化もされた人気野球漫画『MAJOR』(満田拓也/小学館)の主人公、茂野吾郎です。

 茂野は実の親も育ての親もプロ野球選手という野球サラブレッド。幼稚園から野球を始め、リトルリーグでもエースとして活躍します。しかし、酷使がたたって右肩を痛め、投げられなくなり、中学からは左投げ投手に転身しました。以降、基本的には左腕投手として高校からメジャーリーグまで活躍する茂野。しかし、連載終盤にはその左肩も痛めてしまい、最後は右投げの野手として球界復帰を果たしました。

◎ケース2:『砂の栄冠』七嶋裕之の場合

 現在連載中の野球漫画では、『砂の栄冠』(三田紀房/講談社)の主人公・七嶋裕之が左右どちらでも投げられる「二“投”流投手」です。七嶋の場合、体幹のバランスを整えるため、という理由で普段のトレーニングでのみ左投げの投球練習をしていました。しかし、センバツ大会の試合中に背中を故障。本来の右では痛くて投げられないのに、左投げでは何ともなく投げられたため、甲子園という大舞台で、ぶっつけ本番で左投げに挑戦したのです。残念ながらその試合は敗れてしまいましたが、現在『ヤングマガジン』で連載中の夏の選手権大会編では再び左投げに挑戦中です。


 現実の世界でも、ダルビッシュ有(レンジャーズ)は試合では投げませんが、体のバランスを整えるために左投げでキャッチボールをしていたり、松中信彦(ソフトバンク)も現在は左投げですが、肩を痛めて、右投げの時期もありましたり、春夏連覇した大阪桐蔭の主将であり、現在は亜細亜大に在籍する水本弦は左投げだとポジションが限られてしまうので、自らで右でも投げられるように練習して、中学時代はショートも守っていました。

 増田投手の所属する所沢商は15日の3回戦で延長戦の末に大宮北を破り、見事4回戦進出を果たしています。次の試合は20日(日)の予定。稀代の「二“投”流投手」をぜひ一度生で目撃してみてはいかがでしょうか。

※『週刊野球太郎』は、プロ野球・高校野球を楽しむネタが満載。auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。
スマートフォンマガジン『週刊野球太郎』(http://yakyutaro.jp)はプロ野球やMLBはもちろん、高校野球をはじめアマチュア野球&ドラフト情報も網羅。野球に関する本や映画の紹介コーナーもあります。現在、同編集部が発行する雑誌『野球太郎No.009 夏の高校野球大特集号』が好評発売中。

関連リンク

  • 7/18 14:19
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • Mr.奥豊後

    7/19 21:48

    近田投手は、オリックスだと思ってました。 ボクは、風光る。ゆたかクンも忘れてはならないかなと。

  • ヒロクン

    7/19 12:21

    茂野吾郎の場合は“二刀流”とは言わないんじゃない?右肩を壊して左投げにしたんだから“転向”だよね。

  • 元ダイエーの近田投手は、両投げでも話題だけで大成しなかった。どちらかにした方がいいのでは?

記事の無断転載を禁じます