神田沙也加が『おしゃれイズム』でコンプレックスを激白

 13日に放送した日本テレビ系『おしゃれイズム』に神田沙也加が出演し、芸能一家に生まれたことで感じ続けてきた「コンプレックス」について明かした。

 MCのくりぃむしちゅー・上田晋也から、「芸能一家に生まれて良かったなあと思うところって、どういうところ?」と聞かれた神田は、「ずっとそれは引け目でもあったんですけど……キッカケをやっぱり貰えたところ。私、ちゃんとオーディションを受けて、芸能のお仕事に入ってきたわけじゃなかったので、ずっとそこがコンプレックス」と語り、「まっすぐ頑張ってきた方に申し訳ないっていう気持ちがあったんですね」と、その思いを明かした。

神田沙也加、ブログで「泣き顔」を公開

 そして、「私、映画がデビュー作だったんですけど、その時も申し訳ないなっていう思いですごくいっぱいなところもあったんです」と苦悩を語るとともに、今まで芸能活動を続けてきたことについて、自分自身が一番予想していなかったと語った。

 そのうえで神田は、「だからもう、いまこうやって『おしゃれイズム』に出して頂くこともそうですし、『アナ(と雪の女王)』の事もそうですし、本当に奇跡みたいなことだと思うんですね」と語り、いつ仕事が無くなるか分からないため貯金もしていると明かした。

 すると、上田は「しっかりした子だねえ」と感心。同番組のレギュラーで、ファッション分野で活躍する家系に生まれた森泉を指差して「アイツを見てずっと言ってくんない?」と突っ込むと、スタジオは笑いに包まれた。

 これに対してネット上では「素直で考え方もしっかりしていて、可愛らしい良い娘さんだなぁ」「おしゃれイズム見て、好きになった」などの声が寄せられている。

関連リンク

  • 7/14 14:54
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます