韓国が導入した「期日前投票制度」、日本との違いは?

 今年の6月4日に投開票された韓国の統一地方選。今回の選挙から、全国的に期日前投票制度が導入されました。

 選挙期間内の投票日以前の日でも投票が可能な期日前投票制度は、日本ではすっかり浸透しています。日本の期日前投票制度との違いは2つあります。
 1つ目は、韓国では選挙日直前の金曜・土曜の2日間限定での実施ということです。2つ目は、住民票のある自治体に限らず、全国3506か所の投票所のどこでも投票できるという点です。ちなみに、制度導入の効果もあってか、今回の投票率は56.8%と前回を上回っています。

関連リンク

  • 7/14 9:20
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます