市議会議場でW杯パブリックビューイング開催!

 時差の関係上、深夜・早朝の試合が多いブラジルW杯、皆さんはどこで観戦していますか?
 自宅、スポーツバー、パブリックビューイング、中には授業中の学校や就業中のオフィスでもテレビ放映が行われる場合があるとか。

 4年に1度のお祭りに、全国がサッカー熱に湧く中、佐賀県の武雄市では普段なら私たちが足を踏み入れることのない「ある場所」でパブリックビューイングが行われるそうです。

 その「ある場所」とは、なんと市議会の議場。日本代表の第2戦、ギリシャ戦を100名限定で行うとのことです。
 議長席がスクリーンになって、議員席からみんなで観戦!?なんて、ちょっと面白い画が浮かびます。

 因みに初戦のコートジボワール戦では、同市の図書館で同じくパブリックビューイングを行ったとのこと。
 普段はなかなか入れなかったり、騒げなかったりする環境で、思う存分大声を出して応援出来るこの取り組みには、施設の使い方について、やはり反発の声もあるようです。

 この施策によって、市民と行政の距離が縮まるのか、はたまた、W杯熱と共にすぼんでいってしまうのか。
 
 日本の勝敗とともに、議場の盛り上がりが気になります。

関連リンク

  • 6/20 9:00
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます