漫画家・種村有菜が描いた「ぼくの地球を守って」の「紫苑」が話題に

拡大画像を見る

 漫画家の種村有菜がTwitterに投稿したイラストが、ネット上で話題になっている。

 同イラストは、1987~1994年に『花とゆめ』(白泉社)で連載し、アニメにもなった日渡早紀の大人気漫画「ぼくの地球を守って」(通称:ぼくたま、ぼく地球)の主要キャラクター「紫苑」を描いたものだ。

 種村は、「6月26日発売の別冊花とゆめ(※月刊のほうです)のふろくにて、『ぼくの地球を守って』についてコミックエッセイを4P描かせていただきました。ぼく地球キャラたくさん描けて幸せでした?!」というコメントとともに、Twitterにイラストを投稿。

 このイラストに対し、ネット上では、「種村有菜先生のぼくたまを見られるなんて!(´;Д;`)購入して家宝にします!!」「ありなっちのぼくたま...!嬉しすぎる!」「光の速度で保存です。笑」「まさかのぼく地球に感動?」などと、種村有菜ファンはもちろんのこと、ぼく地球ファンでもあるユーザーからも絶賛の声が寄せられた。

 種村有菜はこれまでにも、さまざまな人気漫画家のキャラクターをTwitter上で公開している。今後のイラストにも注目したい。

※画像は公式Twitterから

関連リンク

  • 7/1 14:58
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます