PSYの新曲に賛否両論 「韓国のイメージが悪くなる」

 2012年にシングル『江南(カンナム)スタイル』で世界に旋風を巻き起こした韓国人歌手PSY(サイ)が新曲を発表したが、韓国人ファンからは賛否両論の声が上がっている。

 新曲『HANGOVER』は、米ヒップホップミュージシャンのスヌープ・ドッグとのコラボレーションで生まれた、英語とハングルのラップが入り乱れるヒップホップチューン。タイトルの『HANGOVER』は「二日酔い」を意味する。

 今月9日に 動画投稿サイトYouTubeの公式チャンネルと所属事務所の公式ブログで公開されたMVでは、酒に酔い、便器に頭を突っ込んで吐くPSYの背中をスヌープ・ドッグがさするシーンや、ふたりが腕をからませて飲む「ラブショット」、二日酔いのためコンビニで栄養ドリンクを買い、カップラーメンを食べる姿など、韓国ならではの飲酒文化がコミカルに表現されている。
 このMVは公開から32時間で再生回数2000万回を突破した。

 MVを見た韓国人のネットユーザーからは、「さすがPSY!すばらしい」「爆笑した」など絶賛する声が上がる一方、「メッセージ性がない」「粗雑なMV」などの意見も少なくない。MVで飲酒し乱闘騒ぎになるシーンを挙げて、「韓国のイメージが悪く伝わる」「韓国がやたらと酒が好きな国だと誤解される」などの意見も目立っている。

関連リンク

  • 6/26 13:59
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • チャオズ

    6/26 16:04

    興味ない。

  • トラ

    6/26 14:16

    韓国のイメージって(笑)ギャグか?これ以上悪くなりようがないだろ。世界一の嫌われ国家なんだから。自分達がどう見られてるかも解ってないのか。さすがの、バ韓国

記事の無断転載を禁じます