「野球はダサい」はもう古い!? あの有名ブランド「COACH」の野球グッズでオシャレを満喫しよう!

 世界的に有名なラグジュアリー・ブランド「COACH」が、毎年野球のコレクションを発表しているのをご存知だろうか。今年も今月に入って「ヘリテージ ベースボール」コレクションの新作を発表した。ハンドバックやアクセサリーで有名な「COACH」がなぜ野球なのか? 古今東西の野球事情に詳しい『週刊野球太郎』編集部に話を聞いた。

     *   *   *

 1941年にニューヨーク・マンハッタンで創業した「COACH」。現在はハンドバッグやアクセサリーなどを扱うラグジュアリー・ブランドとして世界的に愛用者が多いブランドだ。そして、もう1つ、COACHのアイテムとして有名なのがレザー製品。「野球グローブのように使いこむほどにしなやかさが増すレザー製品を作りたい」と、創業当初からメンズ用の皮革小物を製造していたのだ。

 COACHのレザー製品の代表格「グラブタン・レザー」の開発にあたってはテッド・ウィリアムス(元レッドソックス)やジョー・ディマジオ(元ヤンキース)といった当時の代表的メジャーリーガーが愛用していたグローブと同じ牛革素材を用いて研究開発を進め、現在でも「レトロ・グラブタン・レザー」として親しまれるCOACH独自のレザー素材に進化を遂げている。

 そんなCOACHは、2011年から毎年、野球にまつわるアイテムを発売し続けている。今年発表された「ヘリテージ ベースボール」コレクションの特徴は、ブラック、フォーン、パーチメントの洗練されたカラー展開。バット(税込4万1040円)やグローブ(税込4万3200円)、キャップ(税込3万2400円)といった定番の野球アイテムをはじめ、縫い目にボールのスティッチを表現した財布(税込3万240円)、オールレザーで仕上げられたベースボールジャケット(税込16万9560円)など充実のラインアップが揃っている。

 公式オンラインストアのほか、コーチ銀座、コーチ丸の内、コーチ表参道、コーチ梅田ハービスENTの各店舗で販売中。アイテムによってはすでに売り切れの商品も出ているので、野球ファンもCOACHファンも早急に検討したほうがいいだろう。

 野球といえば、ダサい、ファッションが古くさいと言われがち。今こそCOACHの野球アイテムを身につけて、一歩先を行くオシャレを満喫してみてはいかがだろうか。

※『週刊野球太郎』は、プロ野球を楽しむネタが満載。auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。
最新の野球情報を伝える『週刊野球太郎』では他にも、イラストや4コマ漫画なども掲載しています!

関連リンク

  • 6/23 12:37
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます