【W杯詳細分析・韓国-ロシア】両チームに勝ち点1をもたらした守備力 退屈な試合展開の裏側に隠された「ディフェンスの本質」とは

徹底してサイドを攻めたロシア



 今大会アジアのチームが苦戦している。日本代表以外のオーストラリアもチリに1-3の敗戦、ようやくイランがナイジェリアから勝ち点1を奪うことが出来た。韓国は日本にとって永遠のライバルではあるが、世界大会においてアジアのサッカーの発展を願う心強い同胞でもある。

 そんな韓国代表を率いるのはJリーグの柏レイソルや湘南ベルマーレでもプレー経験のある韓国サッカーの英雄ホン・ミョンボ監督だ。対するロシア代表はかつて名門レアル・マドリードやACミランを率いて数々のタイトルをもたらした名将ファビオ・カペッロ監督が指揮を執る。

 韓国は1986年のメキシコ大会以来8大会連続の出場を誇る。韓国以外の8大会連続出場はブラジル、ドイツ、イタリア、アルゼンチン、そしてスペインの5チームだけだ。昨年11月に一度両者は親善試合を戦っているが、その時は2-1でカペッロの軍配は上がっている。韓国の英雄と歴戦の名将の戦いを振り返ってみたい。

 前半の戦いは両チームとも守備的で試合があまり動かず面白くなかったという人もいるかもしれない。力が拮抗していたため、お互い決定的な仕事が出来なかったということだろう。

 データもそれを表していた。

 ロシア-韓国の順番でデータを見てみよう。ポゼッション率は48%対52%、パスの成功率84.3%対87.9%、シュート5本対3本。ほぼ互角にボールを保持し、お互い自陣で敷く固いブロックに悩まされ、ロングシュートしかゴールに向かったボールを蹴り込むことが出来ていなかったというデータだ。

 チームの特徴として見て取れたのは韓国の選手の球際の強さ、激しさ、そして素早い攻撃の意識だ。一方ロシアは徹底したサイド攻撃だ。もちろんデータもその特徴を示している。Duals(フィフティ・フィフティのボールをどちらが奪ったかというデータ)のデータは韓国が26勝15敗(勝率63.4%)と圧倒した。流れの中からのクロスボールはロシア11本に対して韓国は3本だけだ。

 ここでイラストを見てほしい。この図はロシアの徹底したサイド攻撃を表したものだが、これだけ徹底してサイドを攻められるとやはりどこかでスキが生まれてしまうものだ。スキを突くための布石を打ち続けることがロシアの前半のプランだったのだろう。

ゴールを生み出した両チームの采配



 ワールドカップのグループリーグ3試合をどのように戦うかについては、様々な思惑がある。ホン・ミョンボ監督からすれば昨年の親善試合を通して相手の力量を評価したうえで何が何でも前半は0-0で凌ぎたかったはずだ。そういう面ではプラン通りだった。

 一方、カペッロ監督からすると本番での韓国の激しさ、それを可能にするフィジカルコンディションの良さに少し驚いたかもしれない。ハーフタイムを経て後半に入ると変化が出始めた。後半に入るとポゼッション率が僅かながらロシアが上がった。しかし疲れのせいか、あるいはリスクを負った攻撃が増えたせいか、両チームともにパスの成功率は79.6%対78%とそれぞれ下げた。

 シュートの数はロシア13本、韓国7本、クロスはロシアが前半と同数11本、韓国が4本。ロシアが前半劣勢で、それが唯一といっていい程のピンチのきっかけとなっていたDualsの勝率は前半の36.6%から48.8%とほぼ五分にまで改善された。セカンドボールが奪われ、その後の展開が抑えられてしまうとロシアの固い守備網を破ることは簡単ではない。

 ホン・ミョンボ監督が最初に切ったカードは後半11分、2012年のアジア最優秀選手イ・グノだ。整備された組織に立ち向かうことができるのは強烈な個の力だと言わんばかりの交代だ。イ・グノは期待通り積極的に攻撃に絡んだ。その姿勢は後半23分強烈なロングシュートをロシアゴールキーパーがハンブルし、ゴールという形で実を結んだ。

 しかし、ロシアの失点の3分後、今度はカペッロ監督が動いた。前線のジルコフに代えて予選でチーム最多の5得点を取ったケルジャコフを投入。交代3分後ゴール前のこぼれ球に鋭く反応して同点に追いついた。

前半は双方事前のゲームプラン通り試合が進められた。そしてその中で変えるべきところを変え、継続すべきところを継続するというのが後半のプランだ。ロシアで言えばセカンドボールの対応とシュートの意識を改善し、継続的にサイドからの攻撃を仕掛けた。思わぬ形で失点をしてしまったが、韓国にとってラッキーなこのゴールが生まれたのも、ホン・ミョンボ監督が現状最も得点の確率が高まるための選択肢としてスピードと積極性を持ち合わせたイ・グノという個性を投入したからこそだ。

「Defense」の語源に隠された守備の本質

 ワールドカップでは様々なことが起こりうる。そんな身を削る様な緊張感の中では指揮官のゲームを見る目が試合に与える影響は計り知れないということを思い知らされた一戦だった。

 この日のポイントは両チームの守備力だった。守備力について話す前に守備というプレーについて考えてみたい。

 言うまでもなくサッカー発祥の地はイギリスだ。英語で守備はDefense(ディフェンス)と訳す。語源は「○○から遠ざける/させない」という意味を示す接頭語deと「打つ、攻める」といった意味を持つfensを合わせた言葉だ。つまり攻撃させない、シュートプレーから遠ざけるといった意味だろうか。

 この日のロシア、あるいは欧州の強豪チームが自陣でしっかりブロックを敷いた状態を思い出してもらいたい。彼らは決して自分のポジションで待っているだけではなく、むやみやたらにボールを奪い取りにいくのでもない。ボール保持者に対して一番近い選手が「制限」をかけにいき、残りの選手たちはその制限の結果起こりうる事後のプレーに対応すべくポジションを細かく修正している。これが守備というプレーだ。

 前半、若干退屈に感じた試合も、実はどのような制限をかけ、どこで奪うかという緊迫感に溢れた駆け引きがあちこちで行われていたのだ。実は優勢だったロシア、それを感じ、手を打ってきたホン・ミョンボ監督、思いもよらぬ失点に対して慌てることなく素早く冷静な対応をしてきたカペッロ監督。ピッチの外でも激しい火花が散った一戦だった。


analyzed by ZONE World Cup Analyzing Team
その他の分析記事: http://soccermagazine-zone.com/archives/category/analyze
データ提供元:opta

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

本田流を貫くも、ギリシャの左サイド封じのために岡崎、内田と三者会談か
原点回帰で現状打破 古参メンバーたちがザックJAPANを蘇らせる
初戦の日本の最大の問題は「どっちつかず」 “臆病な集団”が2戦目以降に生まれ変わるには

関連リンク

  • 6/20 18:34
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます