【詳細分析・日本-コートジボワール】データから浮き彫りとなった日本の敗戦の要因とザッケローニ監督へのメッセージ

ポゼッション率で相手を下回った日本


 待ちに待った日本代表戦が始まった。試合当日は土砂降りのレシフェと打って変って日本は初夏のような青空だ。日本のあちらこちらで様々な応援イベントが行われ、多くのブルーの背番号12が溢れていたが、そんな応援の声も空しく日本代表は1-2で大事な初戦を落としてしまった。

 この負けは決勝トーナメントに勝ち残るための大事な試練なのだろうか?この試練を乗り越えるために何を行えば良いのだろうか? この敗戦のメッセージをデータから読み解いていきたい。

 日本代表はワールドカップ(W杯)本戦に進むためにアジアでの予選を勝ち抜かなければならない。それは決して簡単な行程ではない。移動にかかる時間、欧州に散らばっている選手の招集の難しさ、高温多湿のアジア特有の気候……。しかし日本はブラジルW杯予選を圧倒的な攻撃力で勝ち抜き、世界最速で出場権を手にした。

 日本はザッケローニ監督が目指す連動した動きで小気味よくパスを回しイニシアチブをとって試合を進める。その結果、アジアでの試合では60%のポゼッション率を誇る。サッカーは自分たちがボールを持って色々考えながらプレーしている時が楽しい。しかし相手にボールを持たれてしまうとその対応は常に緊張感とハードワークが伴う苦しい時間へと変わる。そしてそれぞれの状況の中で自ら走るか、相手に走らされるかということになる。

 しかし世界のトップレベルのスキルはまだアジアとは比較にならない。世界の強豪相手との試合では日本のポゼッション率は40%にまで下がることはざらだ。

 振り返れば、2010年のワールドカップ南アフリカ大会では、直前2試合のイングランド戦、コートジボワール戦で世界で戦う厳しさを経験し、本戦に向けて戦術を現実的なものに変更して結果を出した。一方、その後を引き継いだザックジャパンは、世界の強豪相手にも怯むことなく攻撃的サッカーを貫くという選択をした。そして、この4年間、連動性、コンパクト、深み等、様々な具体的戦術と共に「自分たちの」サッカーの完成度を高めていった。

 自分たちのサッカーがどこまで出来たか見てみよう。初戦の試合のポゼッション率は前半日本40.3%:コートジボワール59.7%、後半は3.5%ほど改善したものの43.8%:56.2%だった。パスの成功率に至ってはコートジボワールの89%に対して日本代表は79%だった。

日本人選手の疲労が普段よりも蓄積していた背景とは



 この数字を見る限り自分たちのサッカーは出来ていなかったことが分かる。自分たちのサッカーが出来ない時に何が起こったか、別のデータから検証してみよう。

 この日、日本代表がマイボールの時に走った距離は33,795mだった。それに対してコートジボワールにボールを持たれた時に走らされた距離は46,258mとマイボール時より43%多く走ることになった。

 一方、コートジボワールを見ると、マイボール時の走行距離は39,687m。それ対して、日本がボールを保持している時の走行距離は32,281mとマイボール時より20%弱少なく、日本代表の約三分の二しか走らされていなかった。(データ元FIFA.com)

 ただでさえ高温多湿と言われていたレシフェの気候に加え、土砂降りの雨は嫌でも選手たちの集中力と体力を奪う。これがサッカーのデータから見た、日本代表の選手の苦しそうな表情の背景だ。

 次に日本の試合の進め方を見てみよう。試合前の選手たちのコメントから、この日の日本の意図したプレーの一部が見えてくる。

 日本の多くの選手が、「セカンドボールを奪って“自分たちのボールにする“」ことを強調していた。そしてそれが実行されていたことを示すDuals(フィフティ・フィフティのルーズボールをどちらが奪うか示したデータ)というデータを見てみよう。前半のDualsは日本代表の29勝22敗(勝率56.9%)だった。フィフティ・フィフティのどちらにも転がる可能性があるボールを自分たちのものにすることは非常に重要で、勝利を挙げた多くのチームでこのデータが相手よりも上回っている。

 しかし、それ以上に大事なことはセカンドボールで奪ったボールを相手ゴール方向に運べるか、あるいは奪われたボールを味方ゴール前に近づけさせないように素早く奪い返しているかというプレーだ。“自分たちのボールにする“だけでは不十分なのである。

 サッカーの歴史がある強豪国は、セカンドボールを奪った後のプレーの優先順位としてまず相手ゴール前に運ぶことを試みる。そうしたプレーの繰り返しがボディブローのように相手チームにダメージを与えていく。そのベースとなるDualsのデータが後半になると逆転する。日本は後半23勝26敗(勝率46.9%)と10%勝率を下げた。ボールを奪う回数が減り、たとえボールを奪ってもその後の優先順位を「しっかり自分のボールにする」日本と、ボールを奪った瞬間をチャンスと見て前へ前へと運ぶ意識の高いコートジボワールとの優先順位の考え方の差は、この試合における日本のダメージをさらに大きくしていった。

日本の攻撃の起点となる左サイドから攻めてきたコートジボワール


 今回のワールドカップで勝利を挙げたチームにはある共通の傾向がある。先日行われたオランダ対スペインの試合は先の分析レポートで紹介したが、戦術の修正によって前半と後半で試合運びが変わる。つまり、勝利したチームは、前半悪かったと思われたデータが後半大きく改善するという傾向だ。

 残念ながらこの日前半の課題をハーフタイムを経て克服することが出来たのは日本ではなくコートジボワールだった。前半と後半の両チームの攻撃に関するデータから分析してみよう。

 最初のイラストを見てほしい。アタッキングサード(ピッチを縦方向に3分割したもののうち相手ゴールに近いエリアを指す)における両チームのプレーの比率を示したものだ。

 コートジボワールは若干中央でのプレーが多いものの、ある程度バランスよくアタッキングサードに侵入している。一方、日本は左サイドが全体の半分を大きく超す構成になっている。左サイドは言うまでもなく左サイドハーフの香川に左サイドバックの長友がオーバラップし、本田が絡む日本のストロングポイントだ。しかし、ストロングポイントの裏側にはウィークポイントが隠されている。

 2つ目のイラストは後半のデータである。

 コートジボワールは右からの攻撃の比率が前半と比較して大きく増加した。守備に追われた状況下での攻撃参加は疲労を蓄積させる。そして香川は決して守備が得意な選手ではない。後半、日本が攻撃の起点を作っていた左サイドから多く攻められていたことが、データで示されている。

勝負の分かれ目は後半の「変化」や「改善」


 これまでの日本はこれがウィークポイントとして顕在化されてこなかった。長所が短所を隠していたのと同時に、長友の個の強さで守備面の問題が露呈されることはなかった。しかし、この日の長友は試合を通した疲労の蓄積か、今までのようにストロングポイントの裏側にあるウィークポイントを覆い隠すことができなかった。そしてもう一つ、今まで長友の攻撃参加時のリスクマネージメントは、左側のセンターバックに配置された今野がその高いカバーリング能力で担っていたが、この日左サイドのセンターバックを務めたのはいつもの今野ではなく吉田だった。

 この日の試合の後半の2失点はいずれも日本の左サイドが起点となった。つまり本来、日本のストロングポイントだったところがウィークポイントして攻められてしまったことになる。

 前半よりセカンドボールが拾えなくなってしまった日本。後半に入り日本のストロングポイントを逆手にとって攻撃の回数を増やし、2得点を奪ったコートジボワール。後半に向けて「変化」をもたらせたチーム、自分たちのサッカーを目指し「改善」を試みたチーム、それこそがこの日の勝負の分かれ目だった。

 日本代表が、決勝トーナメントに進めるかどうか。それを占うためには二つの可能性を冷静に分析する必要がある。

 一つ目は、相手がポゼッション率で自分たちを上回るスキルを持っていた場合、それに対応するための戦術的変化を柔軟に起こせるか否かだ。そしてもう一つは初戦のポゼッション率の低さ、コンディションの悪さは偶発的な理由によって起きており、ベストな状態で「自分たちのサッカー」が出来れば世界で十分通用するだけのものを持っていると言えるかどうかだ。

日本は「自分たちのサッカー」が通用しなかった時にどうするのか


 これまでのザッケローニ監督の発言から推測すると一つ目のオプションはないように思える。イタリア人指揮官は4年間、自分たちが追求するサッカーを積み重ねてきた。今回のメンバー選考ひとつとっても、あくまで「自分たち」が積み上げてきた攻撃的なサッカーを貫くという強い意思が伝わってくる。そうなると二つ目、ベストな状態で自分たちのサッカーが出来れば世界とも対等に戦える力がこの日本代表にはあるということを信じることが、今の我々に出来る唯一のことだ。

 ザッケローニ監督は「Japan way」、日本人の良さを理解し、日本人らしいサッカーを追求し続けてチームを作ってきた。そしてその代表チームには優勝を目標として公言する選手がいる。初戦の敗戦を受けて決勝トーナメント進出の心配せざるを得ない状況となったが、今のメンバー達はベスト8やベスト4以上の結果を出さなければ、満足しないはずだ。しかし客観的に見て、グループリーグを突破できれば、一定の成果を収めたとも言えるだろう。冷静に日本の実力を評価した時、かつてのスペイン代表のように「自分たちのサッカー」が出来れば勝てるという所には到達できていないように思える。

「自分たちのサッカー」が志半ばであれば相手に研究され対策を打たれてしまう。そうだとすれば、ザッケローニ監督自身が「自分」らしさを捨ててでもその豊富な経験の引き出しの中から現時点で最も可能性のある戦術オプションにトライすることも必要だと思う。それが決勝トーナメント進出への現実的な方法に思える。

 それでももし、「自分たちのサッカー」にこだわった結果、目標とするところまで手が届かなかった時、ザッケローニ監督には“日本人の持つ良さ”に「目的達成のためには非常に柔軟でフレキシブルな対応が可能な民族だ」という日本人観も加えて欲しいと思う。

analyzed by ZONE World Cup Analyzing Team
その他の分析記事: http://soccermagazine-zone.com/archives/category/analyze
データ提供元: opta

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

関連リンク

  • 6/17 21:59
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • とっちー

    6/17 23:16

    今大会は優勝経験国で4チームが初戦敗戦ですな。

記事の無断転載を禁じます