日本、1-2でコートジボワールに逆転負け…W杯初戦は黒星発進

 サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、1次リーグC組の日本は14日(日本時間15日)にコートジボワールと対戦。1-2で敗戦した。

 日本は前半16分、本田圭佑(ACミラン)が左足のゴールで先制。そのまま前半を1-0で終了した。

 しかし、後半になるとコートジボワールは攻勢を強め、19分にボニーが同点弾を叩きこむと、21分にジェルビーニョが逆転を決めた。

 試合はそのまま終了。日本は初戦を逆転負けで、黒星スタート。勝ち点獲得はならなかった。

関連リンク

  • 6/15 11:54
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

16

記事の無断転載を禁じます