王貞治がセーフティーバントを立て続けに決めた年があった! その理由とは?

 シフトが裏目に出てしまってダルビッシュ有(レンジャーズ)の「あわやノーヒットノーラン」が途切れてしまったり、阪神の新外国人・ゴメスへの「ゴメスシフト」が話題になったりと、最近の球界は例年以上に「変則シフト」が話題になっている。「シフト」といえば有名なのは王貞治氏(元巨人)の「王シフト」だ。その「王シフト」には意外な事実があるという。スマホサイト『週刊野球太郎』編集部に教えてもらった。

     *   *   *

 王シフトが生まれたのは1964(昭和39)年5月5日の巨人vs広島のこと。今からちょうど50年前の出来事だ。王によく打たれていた広島は、当時最先端の電子計算機を使って過去の打撃成績を徹底分析。その結果、フィールドの右半分に野手6人が陣取る「王シフト」が生まれたのだ。

 この作戦は、引っぱりが多い王の打球を捕球する確率を上げようという狙いとともに、変則的な守備位置を意識することで王の打撃フォームを崩すことも狙いとしていた。

 実際、王も当初はこの変則的な守備位置に戸惑いを見せた。また、広島だけでなく、他球団でもこのシフトを真似るチームが現れたが、空中なら守備位置は関係ない、とすぐにホームランを量産したのは有名なエピソードだ。

 ところが、1967(昭和42)年に王はガラ空きの三塁前へセーフティーバントを8回も試み、7本成功させている。あの王貞治がバント!? と思うかもしれないが、この年は中日の中利夫(登録名:中暁生)と熾烈な首位打者争いを繰り広げていたことで、転がせばセーフになる三塁前へのセーフティーバントが頻発したのだ。

 しかし、この年、首位打者の座は中利夫のものに。これで踏ん切りがついたのか、翌1968(昭和43)年から引退するまでの13年間でセーフティーバントを試みたのは、たったの2回だけ。「世界のホームラン王」を証明する結果だった。

※『週刊野球太郎』は、プロ野球を楽しむネタが満載。auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。
『週刊野球太郎』では、あらゆる野球の最新情報に、知って得する豆知識も紹介しています!

関連リンク

  • 6/10 20:52
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます