マー君も厳守! ニューヨーク・ヤンキース「鉄の掟」

拡大画像を見る

 田中将大が入団したことで、例年以上に注目を集めるMLB随一の名門球団、ニューヨーク・ヤンキース。日本の名門、読売ジャイアンツに様々な「掟」があるように、ヤンキースにもまた、名門球団ならではの「鉄の掟」があるという。そこで、スマホサイト『週刊野球太郎』編集部に、ヤンキースならではの特色ある掟を教えてもらった。

     *   *   *

【ファッションにまつわる禁止事項】

 ヤンキースの掟として有名なところでは、「ヒゲ禁止」がある。マリナーズ時代、無精ヒゲがトレードマークだったイチローも、ヤンキースに移籍したその日にキレイさっぱりヒゲを剃り落したのを憶えている方も多いだろう。ただしこのヒゲ、鼻の下の箇所だけは「紳士的なもの」として認められているという。「ヒゲダンス」を見て育った世代の日本人からすると「紳士的?」と思ってしまうのだが……。

 また、ファッションというわけではないが、メジャーリーグの練習中、帽子を後ろ前にかぶる「グリフィーJr.スタイル」をよく見かけることがある。しかし、このスタイルはヤンキースではしないことになっている。

【飲食にまつわる禁止事項】

 メジャーリーグを題材にした映画の中で、クラブハウスでビール片手に談笑する選手たち、という姿が描かれることがよくある。ところが、ヤンキースタジアムのクラブハウスではアルコールが禁止されている。

 過去には人気歌手のレディ・ガガが泥酔状態でクラブハウスに立ち入ろうとして、「ガガ、ヤンキース出入り禁止に!」と報道されたこともあった。ヤンキース側はこの報道を否定しているが、名門球団にふさわしくない行動であるのは間違いないだろう。

 ほかにも様々なルールがあるのだが、日本時代から礼儀正しいことで有名だった田中将大にしてみれば、何も気にする必要はないものばかりのハズだ。小さいことに煩わされることなく、プレーに集中して欲しい。

 ちなみに、本拠地・ヤンキースタジアムのルールに、厳重な警備の関係上、大きな荷物を持ち込めない、とある。手軽なリュックくらいなら許容範囲かもしれないが、多くのファンは手ぶらで来場しているようだ。田中を観にヤンキースタジアムに行く場合は気をつけた方がいいだろう。

※『週刊野球太郎』は、プロ野球やMLBを楽しむネタが満載。auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。
今月の『週刊野球太郎』は『田中将大メジャーリーグデビュー特集』が読み放題! これからメジャーを見始める人にも、すでに詳しい人にも読み応え十分です!

関連リンク

  • 4/21 14:26
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます