警視庁のキャンペーンにツッコミ殺到 YouTubeでボカロ曲発表、Twitterで曲名募集など

拡大画像を見る

 警視庁によるネットでの広報活動が話題を呼んでいる。

 10日、警視庁犯罪抑止対策本部はYouTubeの公式チャンネル上で「オレオレ詐欺根絶キャンペーンソング」を発表した。


 今回の楽曲は「詞/曲:小笠原和美 歌:例の人」とクレジットされており、昭和歌謡風の曲調で詐欺被害の恐ろしさを訴えている。曲を歌う「例の人」の正体についてネット上では、ボーカロイドのような女性の歌声であることから、初音ミクなのではと憶測が広がっている。

 ネットユーザーからは「なかなかやるな、警視庁」「警視庁、どうなってんの!?」といった驚きの反応や、「危険性を訴えかける相手は果たして初音ミクを知っているんだろうか」「『オレオレ詐欺』じゃなくて『母さん助けて詐欺』って名前じゃなかったのか…?」というツッコミの声もみられた。

 なお同キャンペーンの一環として、同本部は4月16日まで曲タイトルを募集している。Twitter上で「#犯抑新曲」とハッシュタグをつけタイトル案をツイートして応募が可能だ。

※画像はYouTubeから

【関連リンク】
・オレオレ詐欺根絶キャンペーンソング
http://youtu.be/Sga4JUXLPZg
・警視庁犯罪抑止対策本部Twitter
https://twitter.com/MPD_yokushi/

関連リンク

  • 4/16 14:29
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • マッシー

    4/16 17:14

    電話は、いつも「留守番電話」の状態にしておいて!

記事の無断転載を禁じます