ガンバ大阪のGK・木村敦志選手が「サッカー選手らしくない」と話題

拡大画像を見る

 ガンバ大阪のGK・木村敦志選手のインターネットの使い方が、「サッカー選手らしくない」などとネット上で話題になっている。

 公式ホームページのタイトルは「木村敦志おにぎり革命」。トップページでは、おにぎりのかぶり物を装備した木村選手の動画が再生される。このほかのコンテンツも、シュールな内容のプロフィール、チームメイトであるMF・内田達也選手を巻き込んだお出かけ動画など、混沌とした作りになっている。

 また、彼の公式FacebookやTwitterのサムネイルも、おにぎりをかぶった姿で統一されており、シュールな笑いを呼ぶツイートがよく見られる。

 これを見たネットユーザーからは「はじめて知ったがなんだこいつはw」「これは大物臭」「くだらな過ぎてウケるw」という反応や、ファンからも「ガンバサポは必見」「引退したら広報かガンバTVのMCしてくれ(笑)」という声もあがっており、じわじわと注目を集めている。

 木村選手は、大阪府出身、1984年生まれの30歳。4月2日に長男が誕生したばかり。中学生時代からガンバ大阪のジュニアユースなどに所属しており、現在までガンバ一筋。これまで日本代表として世界選手権などにも出場している。

 プレイヤーとしての活躍と同時に、このキャラから繰り出される「広報活動」にも要注目だ。

※画像は公式サイトから

関連リンク

  • 4/11 19:47
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます