YOSHIKI「着実に破滅に向かってます」

 X JAPANのYOSHIKIが3日、都内で記者会見を行い、自身初のソロ世界ツアー「YOSHIKI CLASSICAL WORLD TOUR 2014 PART 1」に東京、大阪公演を追加することを発表した。

 会見には報道陣に加え、抽選で選ばれたファン100人が来場。東京6月16日、大阪6月17日の日程が発表されると、場内は大きな拍手と歓声で包まれた。この反応にYOSHIKIは「日本人なのに日本公演決まってこんなに拍手されるなんて」と、苦笑い。
 日本公演のチケット発売については、近日中にYOSHIKI公式サイトおよびUDO音楽事務所公式サイトにて詳細が発表される予定だ。

 早ければツアー中にClassicalアルバムを出す予定を明かしたYOSHIKIは、先週までミュージックビデオを撮影していたと報告。その中でピアノに火をつけて演奏するシーンがあったことについて触れ「熱かった。ツアー前にやけどしたらどうしようと思ったけど、せっかくなので」とコメント。
 また、別の映像で使うシーンは水中で撮影したため、水圧で耳が聞こえなくなって病院に直行したと告白。「着実に破滅に向かってます」と伝説的なライブのタイトルを出して自虐した。

 「今回のツアーにX Japanのメンバーは参加するか?」との問いに対しては「昨日Toshlとご飯を食べていた。可能性はあるかもしれないです」と答えるにとどまったものの、今後の活動について「X Japanとしても、国は言えないけど大規模な公演を考えている」と回答。日本公演についても「色々なややこしいことが片付いてきたので、ちゃんと話し合いをしているところです。時期は未定だけど、日本公演あると思います」と力説した。

 そして、X JAPANの活動について「ツアーの前には何があってもアルバムを出します!」と力強くコメント。アルバムの完成度については「完成しては壊してを繰り返している」ということで「(1年前に9割と言っていたので)91%くらい」とのことだ。

 会見の最後にはクリスタルピアノで次のClassicalアルバムに入るというX JAPANの名曲『Forever Love』を披露。集まったファンを魅了した。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/3 21:18
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4

記事の無断転載を禁じます