「ロシア・トゥデー」米国人キャスターのリズ・ウォール氏が、放送中に辞任を表明して波紋広がる

拡大画像を見る

 ロシア政府系放送局「ロシア・トゥデー」で、番組放送中に突然キャスターが辞任を表明し、波紋が広がっている。

 辞任を表明したのは、アメリカ・ワシントンからの放送を担当する米国人キャスターのリズ・ウォール氏。ウォール氏は自身の担当番組で、同局に対して「プーチン大統領の行為を正当化する放送局で働くことはできない」と批判。ロシアによるウクライナへの軍事介入は間違っていると抗議し、その場で辞職すると語った。

 なお、同局では3日にもキャスターのアビー・マーティン氏が放送中にロシアの軍事介入を批判していた。

 これに対してネット上では「ジャーナリストとして尊敬する」「勇気がある、素晴らしい」などのコメントが寄せられている。

 放送後、ウォール氏は自身に寄せられているメッセージに対して、「たくさんのサポートを頂いて、とてもありがたく、恐縮しています。皆さんからの励ましの優しい言葉に感謝しています」と、Twitterで語っている。

※画像は公式Twitterから

関連リンク

  • 3/7 9:57
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます