様々な顔ぶれが並んだ「第8回マニフェスト大賞」

 11月1日にマニフェスト大賞2013の授賞式が六本木ヒルズにて開催されました。この賞は「これまで注目を集めることの少なかった地方自治体の首長、議員や地域主権を支える市民の活動実績を募集・表彰し、発表」するものです。第8回目を迎えた今回は、合計2108件の応募がありました。それでは、主な受賞を見てみましょう。

○最優秀マニフェスト賞(首長)
清水勇人(埼玉県さいたま市長)

○最優秀復興支援・防災対策賞
相良、片浜、地頭方、川崎、細江地区自治推進協議会・発⑩(ハッテン)まきのはら

○最優秀成果賞
大津市議会

○最優秀政策提言賞
小川顕正(神奈川県川崎市議会議員)

○最優秀ネット選挙・コミュニケーション戦略賞
流山市

○最優秀マニフェスト賞(市民)
ポリレンジャー~若者の手で政治を良くし隊!~

 今回、若者の活動としては島根大学の学生団体「ポリレンジャー~若者の手で政治をよくし隊!~」が最優秀マニフェスト賞に選ばれました。

 政治家や自治体のように政治のど真ん中にいる人たちから市民団体や学生まで、幅広い層の参加がマニフェスト大賞の特徴といえます。マニフェスト大賞を目指して、さらに多くの政治家・行政・市民の活動が活発になるといいですね。詳細が気になる方は、ぜひホームページで内容を確認してみてください。

Manifesto Awards
http://www.manifestoawards.jp/

(NPO法人YouthCreate)

関連リンク

  • 12/17 16:19
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます