石橋貴明が放送禁止発言も『おかげでした』に称賛の声

 12日に放送したフジテレビ系『とんねるずのみなさんのおかげでした』にももいろクローバーZが出演。ももクロは同番組の人気企画「新・食わず嫌い王決定戦」で、楽天イーグルスの田中将大選手と対決した。

 とんねるずの石橋貴明は、ももクロのメンバーに対して最初からイジリ倒し。佐々木彩夏に対しては「彩夏ちゃん、ちょっと写真と違くない?」と、宣材写真の細い顔写真との違いを指摘したほか、あだ名を「角煮」と命名。また、有安杏果にも開口一番「丸いね。顔ね」と言い放ち、あだ名を「だんご」と名付けた。

 番組中、終始上機嫌の石橋は、下ネタも全開。メンバーの言葉尻をとらえて「ダメそんなに大きくなったら......って感じ?」などと話して、メンバーのリアクションを楽しむと、木梨憲武から「下ネタをブッ込んでみてリアクションで楽しむってのやめなさい」と注意された。メンバーにも「酔ってますか?」と言われるほど暴走し始めた。

 その後も、石橋はとどまることを知らず、ついには放送禁止となる言葉を発する事態に。すると、さすがのメンバーも表情が一変。木梨は「真顔になっちゃった」と苦笑いを浮かべた。

 これに対してネット上では「下ネタか?」「ハーブ?」と、禁止ワードを推測する声のほか「貴さんはアイドルをいじるのがうまいなー」「ももくろって面白いじゃん 今までももくろを食わず嫌いだった」などの感想が寄せられた。

関連リンク

  • 12/13 16:51
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます