イチロー愛が炸裂!"お笑い" 賞も獲得! 「持っている男」川崎宗則・2013年名場面ランキング

 上原浩治(レッドソックス)がワールドシリーズ王者に輝き、イチロー(ヤンキース)が日米通算4000本安打を達成するなど、今年も話題に事欠かなかったメジャーリーグ。しかし、ある意味、最も世間を賑わせたのはやはりこの男......「ムネリン」こと、川崎宗則ではなかっただろうか。

 今季、トロント・ブルージェイズに所属した川崎は、プレーだけでなく、そのキャラクターで日米多くのファンを魅了した。その名場面をスマホサイト『週刊野球太郎』編集部にランキング形式で聞いた。

     *   *   *

◎第1位/イチロー4000本安打に居合わせる

 8月21日、ニューヨーク・ヤンキースvsトロント・ブルージェイズ戦においてイチローが日米通算4000安打の偉業を達成。この試合で相手チームのセカンドを守っていたのが川崎だった。メジャーで確かなポジションを得ておらず、常時出場できるわけでもない川崎が、憧れのイチローの晴れ舞台に居合わせてしまう強運には、驚かざるを得なかった。

 ちなみに、イチローの4000本目の安打はレフト前に。川崎はそのボールをレフトから受け取ると、皆が一塁のイチローにかけよって祝福している隙に、記念ボールを持って帰ろうかという素振り。相変わらずの「イチロー愛」を見せつけてくれた。

 そして2位以下は次の通り。

◎第2位/MLB初本塁打、9連勝を引き寄せる(6月21日)
◎第3位/"アイムジャパニーーーズ(5月25日)
※この言葉は「GIBBYアワード」という大リーグ機構が創設したファンのネット投票でMVPや新人賞などを選定する中で"お笑い部門"にあたる「カット4 トピック・オブ・ジ・イヤー」を受賞した。

 このランキングは、『週刊野球太郎』で企画した<2013年メジャーリーグなんでもランキング>から抜粋したもの。この企画では他にも、「今年ブレイクした超新星ランキング」、「日本人メジャーリーガー名場面ランキング」などで順位付けしている。今年のプロ野球を振り返る上でも要チェックだ。

※『週刊野球太郎』は、ポストシーズを楽しむネタが満載。auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。

「2013総決算・プロ野球+アマチュア野球なんでもランキング」にはちょっとした小ネタも勢揃い!

関連リンク

  • 12/12 9:24
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます