スリムクラブ真栄田が、弟の死をテレビ初告白

 10日に放送した日本テレビ系『解決!ナイナイアンサー』にお笑いコンビ・スリムクラブの真栄田賢が出演し、自身の弟の死と顔面麻痺などをテレビで初告白した。

 真栄田は、5歳のときに生まれた双子の弟が、生後まもなく息を引き取っていたことを涙ながらに告白。母親は双子の死後に再び妊娠したが、転倒し流産してしまったという。この出来事がきっかけで、母親はふさぎ込むようなり、弟の話は家族のタブーになったという。

 また、小学生のときに上履き盗難事件の犯人にされた際、母親にも信じてもらえなかったことが現在もトラウマになっていると告白。「コンビニに行くと万引きをしていると疑われていないか」「スタッフさんにどう思われているのか」など人の目が異常に気になってしまい、ストレスで顔がけいれんすることもあると明かした。

 これに対しネットでは、「真栄田さんを見ているとすごく辛い。自分と似たものを感じる」「真栄田の気持ちと一致するとこがある」「真栄田の過去 痛いほどよく分かる」など同感するコメントが続々と寄せられている。

関連リンク

  • 12/11 12:15
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます