避妊具の「過激すぎるCM」が放送打ち切りに

 オーストラリアの避妊具メーカー「Four Seasons Condoms」のCMが放送禁止となり、大きな話題を呼んでいる。

 同CMは、若い男女のカップルが薬局を訪れ、店内で様々なサイズの避妊具を、実際に色々なポジショニングで試すというもの。4つのサイズの避妊具を選べる、と言うのがコンセプトだ。しかし、裸での「あからさまな性描写」が問題となり、オーストラリアのテレビ局が放送を禁止する事態となった。

 一方で、これにより同社がYouTubeにアップロードしていたCM動画が注目を集めることとなり、10日時点で140万回以上も再生されている。

 同社のFacebookページでは、今回の騒動を逆手に取って「テレビでは禁止になってしまったCMはもう見た?」「私たちのCMが禁止されてしまったことを皆さんはどう思いますか? ご自身で見てください」などのメッセージを発信。新たな広報戦略に打って出ている。

 このCM対してネット上では、「これは無理だろ」「笑ったけど、テレビで禁止するのには同意するよ」「なんてバカバカしいCMなの」「これまで見た中で最高の広告だ」など、様々な感想が寄せられている。

※参考
Video: Watch the Australian condom advert that was banned for being TOO SEXY
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/kooky-australian-condom-ad-sexy-2905700

※画像はYouTubeからのキャプチャー

画像をもっと見る

関連リンク

  • 12/10 20:09
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます